Rakuten infoseek

辞書

大浜【おおはま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大浜
おおはま
静岡県南西部,掛川市南東部の旧町域。 1973年城東村と合体して大東町となり,2005年掛川市,大須賀町と合体して掛川市となった。遠州灘に臨む砂丘地とその北側の菊川沖積地とに区別された。先進的農業地域で,砂丘開発は江戸時代から始められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大浜
おおはま
愛知県南部,碧南市の中心市街地の一部。旧町名。衣浦湾に面して,鉄道開通前は江戸海運の港町として隣接の棚尾とともに栄え,1900年頃の人口は 5000人以上で刈谷,知立,安城をしのいでいた。海運を背景に,酒,味醂,味噌の醸造業や織布業が発達した。現在は伝統の醸造業のほか,棚尾とともに機械部品・水道用器具製造業が行われる。 57年の重要港湾指定以後,衣浦臨海工業地域の埋立て造成の中心地。ステンレスなどの工場や自動車専用埠頭がある。衣浦海底トンネルで対岸の半田と結ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

大浜
 1764年に萩藩の資金でつくられた塩田ですが、高潮のため、土手がこわれてしまい、修理が完成したのは1767年になってからです。防府では最大の塩田で、海水が塩田の周囲をめぐるように水路がありました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおはま【大浜】
三河国(愛知県)碧海郡の港町。海運の要地として室町時代からその名をあらわし,応永(1394‐1428)ごろの称名寺文書によると,当時問丸の所在地であり,大小の船が入港して材木の集散地となっていたことが知られる。尾張,伊勢と三河の交通路にあたっていたことも,中世の紀行文に記されている。戦国大名は戦略上の要地として重視した。江戸時代には年貢米輸送の基地として利用され,多くの商品の積出港として栄えた。1635年(寛永12)碧海・幡豆・宝飯3郡の港として幕府の代官が指定した5ヵ所湊の一つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕大浜(おおはま)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔愛媛県〕大浜(おおはま)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔沖縄県〕大浜(おおはま)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大浜の関連情報

他サービスで検索

「大浜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.