Rakuten infoseek

辞書

大津壁【おおつかべ】

大辞林 第三版

おおつかべ【大津壁】
和風建築で、のりを使わずに水で、石灰または貝灰と色土を混ぜたものを上塗りしたもの。色土の種類により白大津・黄大津・浅黄大津などがある。 → 大津

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

大津壁
日本壁の一つ。消石灰を水で練り、色土、もみすさを加えた土壁の一種。中塗り後に灰土を塗り、その上に色土と消石灰、麻スサまたは紙スサを水捏ねした上塗り材を塗り付ける高級仕上げ。紙スサを使わないで、こてで押さえる「並大津」と磨きの前工程として塗り剤を染み込ませた布で壁面を湿らせる「もどし」を行う「大津磨き」がある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおつかべ【大津壁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

おおつかべ【大津壁】
土壁の一種。石灰に色土と麻や紙を混ぜて水で練ったものを、金鏝(かなこて)で平滑に塗ったもの。漆喰(しっくい)とは違って糊(のり)を用いない。土の色により、黄大津、白大津、浅黄大津などに分かれる。◇滋賀県の大津付近で古くから良質の白土が採取できたことに由来。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大津壁
おおつかべ
土壁上塗りの一種。色土と消石灰とを混合したものに(すさ)(普通は麻、上質のものには紙を用いる)を加え水練りする。色土の種類により浅黄(あさぎ)大津、黄大津、白大津などの仕上げが得られ、なお顔料により比較的自由に色相を調整することができる。表面は金鏝(かなこて)で平滑に押さえられるが、とくにていねいに磨き上げるものを磨(みがき)大津とよび、漆塗りに似た光沢を得ることができる。しかし大津壁は表面の劣化が比較的早いので、近年では見かけ上、ほぼ同様の仕上げを得られる漆食(しっくい)、ドロマイトまたは石膏(せっこう)プラスター塗りにとってかわられつつある。大津壁の名称は近江(おうみ)国(滋賀県)に古くから良質の白土の得られたことに由来する。漆食に比べて糊(のり)を必要としない手軽さを買われて江戸時代中期から使用が始まり、江戸では享保(きょうほう)年間(1716~36)に流行していたさまが『東都紀行』(1719)に活写されている。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおつ‐かべ おほつ‥【大津壁】
〘名〙 大津(一)②をのりを用いないで上塗りした壁。
※唐詩選国字解(1791)七言古「黄扉通戚里、〈略〉漢は土徳ぢゃといふて、四方の築地を、大津壁にした。これを黄扉といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大津壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大津壁の関連情報

他サービスで検索

「大津壁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.