Rakuten infoseek

辞書

大洋【たいよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大洋
たいよう
茨城県南東部,鉾田市南部の旧村域。北浦の北東岸にあり,東は鹿島灘に面する。 1955年白鳥村と上島村が合体して大洋村が発足。 2005年村,鉾田町と合体して鉾田市となった。メロンを中心とする畑作が主産業。鹿島臨海工業地域に隣接する地域として開発が進む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大洋
たいよう
ocean
大陸間の水域の大区分で,独立した固有の大きさ,塩分,潮汐系,海流系を有する広く深い水域を一般にさす。大陸の対。大洋の区分は三大洋 (太平洋大西洋インド洋) を基本とするが,それに北極海と南極海を加えることもある。かつては両者を加えて五大洋とする場合が多かったが,南極海は本来三大洋とは自然的境界をもたず,南緯 67.5°,60°,55°などを人為的境界としていた。したがって南極海と北極海 (大西洋の一部と考える) を除く三大洋に分けることが多い。また北極海を大西洋と特徴を異にする独立した水域とする四大洋区分もある。大洋をさらに細分した閉鎖水域を海と呼ぶ。その細分には,海岸の輪郭,海底地形,潮汐系や海流系,大気循環の独立の程度,水温や塩分の水平分布と鉛直分布などが規準とされる。 (→海洋 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐よう〔‐ヤウ〕【大洋】
大きい海。広い海。大海太平洋大西洋インド洋を三大洋、北極海南極海を加えて五大洋という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいよう【大洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいよう【大洋】
面積が広く、独立の海流系を有する大きな海。太平洋・インド洋・大西洋・北氷洋・南氷洋を五大洋という。おおうみ。大海。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐よう ‥ヤウ【大洋】
〘名〙 大きな海。おおうみ。また、特に太平洋、大西洋、インド洋、北極海(北氷洋)、南極海(南氷洋)などをいう。
※太平記(14C後)二〇「宮の召れたる御舟一艘、漫々たる大洋(ヤウ)に放たれて」 〔耶律楚材‐和張敏之詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大洋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大洋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.