Rakuten infoseek

辞書

大河内一男【おおこうちかずお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大河内一男
おおこうちかずお
[生]1905.1.29. 東京
[没]1984.8.9. 東京
経済学者。東京大学経済学部卒業 (1929) 後,河合栄治郎門下で助手をつとめる。 1939年母校の助教授となり,45年教授,63年学長に就任。 65年日本学士院会員。 68年大学紛争のため任期途中で学長を辞任退官社会政策,労働問題についての研究が多く,論文『労働保護立法の理論に就いて』 (33) で,のちに大河内理論と呼ばれる社会政策理論の骨子確立,生産政策としての社会政策論を提唱。その立場から『独逸社会政策思想史』 (36) ,『社会政策の基本問題』 (40) などをわし,経済学史面では『スミスとリスト』 (43) がある。第2次世界大戦後は日本の労働問題の実態調査を中心に,55年以降フォード財団の援助で『日本労働運動史料』 (11巻,未完) の編纂に従事,また 73年社会保障制度審議会会長などの政府関係の仕事もつとめる。上記のほか『黎明期の日本労働運動』 (52) ,『戦後日本の労働運動』 (55) ,『暗い谷間の労働運動』『社会政策四十年』 (70) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおこうち‐かずお〔おほかふちかずを〕【大河内一男】
[1905~1984]経済学者。東京の生まれ。河合栄治郎に社会政策学を学び、社会政策を科学の領域まで高めた。昭和38年(1963)から東大総長。同43年、大学紛争の責任をとって辞任。「太ったよりやせたソクラテスになれ」などの名言を残した。著「独逸社会政策思想史」「社会政策の経済理論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大河内一男 おおこうち-かずお
1905-1984 昭和時代の経済学者。
明治38年1月29日生まれ。河合栄治郎の門下で,社会政策をまなぶ。昭和20年母校東京帝大の教授,38年学長。43年東大紛争により学長を辞任。社会保障制度審議会会長をつとめた。学士院会員。昭和59年8月9日死去。79歳。東京出身。著作に「独逸(ドイツ)社会政策思想史」「社会政策の経済理論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおこうちかずお【大河内一男】
1905‐84(明治38‐昭和59)
昭和期の代表的社会政策学者。東京に生まれ,三高を経て東京帝国大学経済学部に学ぶ。卒業後河合栄治郎の下で社会政策学の助手となり,1935年(昭和10)講師に任ぜられた。その後,河合事件に巻き込まれたが,大学に残り41年助教授(経済学史担任),45年教授(社会政策担当)に昇進した。63年東京大学総長に選出されたが,68年東大紛争のなかで任期途中で辞任。総長辞任後も社会保障制度審議会会長をはじめ多方面にわたる社会的活動を続けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおこうちかずお【大河内一男】
1905~1984 経済学者。東京生まれ。東大総長。アダム=スミスを土台にした社会政策論を展開し、戦後の日本型労使関係の確立に経済学的な基礎を提供。著「独逸社会政策思想史」「社会政策の基本問題」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大河内一男
おおこうちかずお
(1905―1984)
経済学者。明治38年1月29日東京・下谷(したや)に生まれる。第三高等学校を経て1929年(昭和4)東京帝国大学経済学部卒業。卒業と同時に同大学の助手となり、1945年教授、1963年総長に就任したが、1968年に大学紛争のため辞任、退官。『独逸(ドイツ)社会政策思想史』(1936)、『社会政策の基本問題』(1940)、『社会政策』総論、各論(1949、50)などによって、社会政策の生産力理論を展開し、分配政策論や政治論を批判した。経済学説史の分野でも『スミスとリスト』(1943)によって優れた業績を残した。また、第二次世界大戦前の日本の賃労働者の性格を「出稼ぎ型」とする見解でも知られる。戦後は日本の労働問題の実態調査を精力的に指導し、『戦後労働組合の実態』(1950)で日本の労働組合を「企業別組合」と規定した。また『黎明(れいめい)期の日本労働運動』(1952)、『暗い谷間の労働運動』(1970)、『戦後日本の労働運動』(1955)の三部作によって、「出稼ぎ型労働力」論に基づく独自の労働史観を樹立した。『日本労働運動史料』全11巻(1959~1975)の編纂(へんさん)にも取り組む。なお、社会保障制度審議会会長、社会経済国民会議(現、日本生産性本部)議長なども務めた。日本学士院会員。自伝的作品として『社会政策四十年』(1970)がある。[神代和俊]
『『大河内一男集』全8巻(1980~1981・労働旬報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおこうち‐かずお【大河内一男】
経済学者。東京の生まれ。東大教授、東大総長。経済学を基盤に、社会政策の理論家として活躍し、労働運動の研究にも成果を挙げた。著書に「社会政策の基本問題」「戦後日本の労働運動」など。明治三八~昭和五九年(一九〇五‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大河内一男」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大河内一男の関連情報

関連キーワード

取調べ日露戦争史(年表)ロシア革命ゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.