Rakuten infoseek

辞書

大江【おおえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大江
おおえ
京都府北西部,福知山市北部にある旧町域。由良川中流域にある。 1951年河守町,河守上村,河西村,河東村,有路上村,有路下村が合体し大江町が成立。 2006年福知山市に編入。北に酒呑童子の伝説などで知られる大江山がそびえる。中心集落の河守はかつて由良川の河港として繁栄。由良川沿いの狭い平地を除き,ほとんどが山地で覆われる。養蚕酪農養鶏のほか,小規模ながら製材綿織物工業も行なわれる。福知山と宮津を結ぶ陸上交通の要地。かつて由良川沿ではしばしば水害が起こった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江
おおえ
熊本県南西部,天草市北西部の旧村域。天草諸島下島西部に位置する。 1889年村制施行。 1956年高浜村,福連木村,下田村と合体して天草町となり,2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,河浦町の2市7町と合体して天草市となる。隠れキリシタンの里として知られ,小高い丘の上にロマネスク風石造の大江天主堂が建っている。付近は風光に優れ,海岸沿いは雲仙天草国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおえ〔おほえ〕【大江】
姓氏の一。
平安時代の学問の名家。もと土師宿禰(はじのすくね)で、のち大枝朝臣(おおえのあそん)の姓を賜り、音人(おとんど)のとき大江に改めた。
[補説]「大江」姓の人物
大江健三郎(おおえけんざぶろう)
大江卓(おおえたく)
大江朝綱(おおえのあさつな)
大江音人(おおえのおとんど)
大江千里(おおえのちさと)
大江広元(おおえのひろもと)
大江匡衡(おおえのまさひら)
大江匡房(おおえのまさふさ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐こう〔‐カウ〕【大江】
大きな川。大河。
揚子江(ようすこう)のこと。→大河

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおえ【大江】
姓氏の一。江家ごうけと称する。祖先は土師はじ氏。790年、大枝朝臣と改姓、さらに音人おとんどの時に大江と改めた。文章道もんじようどうの家として菅家(菅原氏)と並び称され、匡房まさふさ・広元らを出した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいこう【大江】
大きな川。特に、中国の長江(揚子江)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大江
おおえ
京都府北西部、加佐郡(かさぐん)にあった旧町名(大江町(ちょう))。現在は福知山市(ふくちやまし)北東部の一地区。旧大江町は1951年(昭和26)河守(こうもり)町が河守上、河西(かわにし)、河東、有路上(ありじかみ)、有路下の5村を編入して成立。2006年(平成18)福知山市に編入。由良(ゆら)川が貫流し、北部には大江山がそびえる。京都丹後鉄道宮福線が通じ、国道175号が走る。江戸時代には福知山と河口の由良(宮津市)とを結ぶ由良川の水運が栄え、その中継地であった。旧町域の大部分が山地で、水田は少ないが、「えびいも」「堀川ごぼう」などの京都伝統野菜の栽培が盛んで、養鶏、酪農も行われる。宮川沿いに内宮(ないく)、外宮(げくう)という集落があり、伊勢(いせ)に遷座する以前は皇大神宮が置かれていたと伝えられ、俗に元伊勢とよばれる。天田内(あまだうち)にある豊受(とようけ)大神社(外宮)の社殿は伊勢神宮と同じく神明(しんめい)造である。[織田武雄]
『『大江町史』(1984・大江町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおえ おほえ【大江】
大阪市中央区、大川(旧淀川)南岸の旧称。天満橋より下流、中之島の東端付近といわれる。大江の岸。渡辺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおえ おほえ【大江】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐こう ‥カウ【大江】
[1] 〘名〙 大きな川。
※太平記(14C後)二九「薪を負ふて焼原を過ぎ、雷を戴いて大江を渡すが如く恐れき」
[2] 特に、中国の揚子江をいう。〔楚辞‐九歌〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.