Rakuten infoseek

辞書

大江音人【おおえのおとんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大江音人
おおえのおとんど
[生]弘仁2(811)?
[没]元慶1(877).11.3. 京都
平安時代前期の学者。菅原清公に学び,参議,従三位にいたる。大江家家学の祖。『貞観格式』『文徳実録』の編纂に関与し,自著に『群籍要覧』『弘帝範』,歌集に『江音人集』などがあったが,いずれも伝存しない。 (→大江氏 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおえ‐の‐おとんど〔おほえ‐〕【大江音人】
[811~877]平安前期の学者。儒家としての大江家の基礎を築いた。師の菅原是善らと「貞観格式」を編纂(へんさん)。「弘帝範」「群籍要覧」を撰進(せんしん)。家集「江音人集」。江相公

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大江音人 おおえの-おとんど
811-877 平安時代前期の公卿(くぎょう),学者。
弘仁(こうにん)2年生まれ。阿保親王の王子。大枝本主の養子。菅原清公にまなび,文章生,東宮学士となる。貞観(じょうがん)6年(864)参議。左大弁,勘解由長官などをかね,従三位にすすんだ。「貞観格式(きゃくしき)」の撰定にくわわり,「弘帝範」「群籍要覧」などをあらわした。江家(ごうけ)ので,江相公と称される。元慶(がんぎょう)元年11月3日死去。67歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおえのおとんど【大江音人】
811‐877(弘仁2‐元慶1)
平安前期の文人官僚。江相公(ごうしようこう)と呼ばれる。大江本主の子。阿保親王の子とする説もある。大学寮に学び,対策に及第後,少内記,東宮学士などを経て,左少弁となり,以後弁官を歴任する。864年(貞観6)参議。清和天皇に《史記》を進講,877年南淵年名が行った尚歯会に加わる。従三位左衛門督に至る。史書に〈通儒〉と評されるように音人の本領詩人であるよりむしろ学者であった。貞観格式の撰定の中心となり,《文徳天皇実録》の編纂にも参与した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおえのおとんど【大江音人】
811~877 平安前期の学者。江相公と称される。参議。大江家家学の祖。「貞観格式」「文徳実録」の編纂に参与。撰著「弘帝範」「群籍要覧」、家集「江音人集」はいずれも伝存しない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大江音人
おおえのおとんど
(811―877)
平安前期の学者。平城(へいぜい)天皇の曽孫(そうそん)と称する。菅原清公(すがわらのきよきみ)に学び、東宮学士、左大弁を経て参議になる。詩人よりも学者として政策や故実に明るく、検非違使(けびいし)別当のときに長岡の獄所を改革した話は名高い。天皇のために『弘帝範』3巻を撰(えら)び、古書を抄出分類して『群籍要覧』40巻を編したが現存しない。また菅原是善(これよし)らと『貞観格式(じょうがんきゃくしき)』を編纂(へんさん)した。詩文集『江音人集』は散逸したが、儒家として大江家を確立した。仏道を深く信仰し信義に厚い性格はのちに往生伝に収められる原因となった。[大曽根章介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおえ‐の‐おとんど【大江音人】
平安前期の漢学者。本主の子。はじめ大枝氏。従三位参議に至る。「貞観格式」「日本文徳天皇実録」の編纂に携わった。著作に「江音人集」「弘帝範」(ともに佚)がある。江相公(ごうしょうこう)と称せられる。弘仁二~元慶元年(八一一‐八七七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江音人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大江音人の関連情報

関連キーワード

離縁スタウラキウスニケフォルス1世ミカエル1世李公佐大阪府警の自己推薦方式アポイ岳衛士府衛府衛門府

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.