Rakuten infoseek

辞書

大江匡房【おおえのまさふさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大江匡房
おおえのまさふさ
[生]長久2(1041)
[没]天永2(1111).11.2.
平安時代後期の学者。匡衡の曾孫,成衡の子。歌人赤染衛門は曾祖母にあたる。4歳で書を読み,8歳で『史記』,漢書に通じ,11歳で詩を賦し,神童と称せられた。 16歳の天喜4 (1056) 年,文章得業生となり,学問料を支給されたが,これは菅原道真が 18歳で合格,評判になった例と比較しても異例に早い。同6年,方略試を受け,対策及第。 20歳の康平3 (60) 年治部少丞に任じられた。永長2 (97) 年大宰権帥,天永2 (1111) 年大蔵卿に任じられたが,この年の 11月に没した。彼は,「二朝の侍中 (蔵人) ,三帝の師」と称せられ,後三条,白河,堀河3代の天皇に信頼された。和歌,漢詩はもとより,歴史,儀式,遊芸から兵学にいたるまで通じていたといわれる。官途も大江氏一族のなかでは異例の昇進で,中納言にいたったのは破格であった。その著作は非常に多く,『江家次第』『江談』『江記』『本朝神仙伝』『続本朝往生伝』『遊女記』『傀儡子記 (くぐつき) 』その他が伝存している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおえ‐の‐まさふさ〔おほえ‐〕【大江匡房】
[1041~1111]平安後期の学者・歌人。匡衡(まさひら)曽孫。博学で有職故実に詳しく、後三条白河堀河天皇侍読(じとう)をつとめた。著「江家次第(ごうけしだい)」、日記「江記」、説話集「江談抄」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大江匡房 おおえの-まさふさ
1041-1111 平安時代中期-後期の漢学者,公卿(くぎょう)。
長久2年生まれ。大江成衡(しげひら)の子。治暦(じりゃく)3年東宮学士となり,後三条・白河・堀河天皇の学問上の師をつとめた。のち参議,権(ごんの)中納言,大蔵卿などを歴任。正二位。天永2年11月5日死去。71歳。通称は江帥(ごうそち),江都督,江大府卿。著作に「江家次第」「本朝神仙伝」など。
【格言など】高砂の尾上の桜咲きにけり外山の霞(かすみ)立たずもあらなむ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおえのまさふさ【大江匡房】
1041‐1111(長久2‐天永2)
平安後期の学者,漢詩人,歌人。江中納言,江帥(ごうのそつ),江都督,江大府卿などともいわれる。唐名は満昌。大江家の流,参議音人(おとんど),中納言維時(これとき)の後,式部大輔匡衡(まさひら)の曾孫,父は大学頭成衡(しげひら),母は文章博士・宮内大輔橘孝親の女。4歳で書を読み,8歳で《史記》《漢書》に通じ,11歳で詩を賦し,世人から神童といわれた。16歳で文章得業生となり,18歳で対策に及第した。29歳で蔵人・左衛門権佐・右少弁の三事を兼任する異例の昇任ぶりであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおえのまさふさ【大江匡房】
1041~1111) 平安後期の学者・歌人。江帥ごうのそつ・江都督ととくなどと称される。匡衡まさひらの曽孫。大宰権帥。後三条・白河・堀河三帝の侍読。故実に通じ、文才にすぐれた。著「江家次第」「江帥集」「本朝神仙伝」「江談抄」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大江匡房
おおえのまさふさ
(1041―1111)
平安後期の文人官僚。匡衡(まさひら)の曽孫(そうそん)。成衡(しげひら)の子。母は橘孝親(たちばなのたかちか)の娘。江大府卿(ごうたいふけい)、江都督(ごうととく)などと称された。幼年より俊才をたたえられ、1058年(康平1)対策及第ののち、尊仁(たかひと)親王(後三条(ごさんじょう)天皇)・貞仁(さだひと)親王(白河(しらかわ)天皇)の東宮学士、蔵人(くろうど)、美作守(みまさかのかみ)、左大弁、式部大輔(だいぶ)などを歴任して、88年(寛治2)参議、ついで権中納言(ごんちゅうなごん)となり、二度にわたって大宰権帥(だざいのごんのそつ)に任じられ、正二位大蔵卿(きょう)に至った。天永(てんえい)2年11月5日没。彼は後三条天皇の側近となり、院の近臣として白河院政政権に深くかかわった官僚であるとともに、後三条・白河・堀河(ほりかわ)3代の侍読(じどく)に象徴される当代の学者の第一人者であった。著作も多岐にわたり、官僚的側面での著作に有職故実(ゆうそくこじつ)書『江家次第(ごうけしだい)』がある。これに対する文人としての著作も多方面に及び、『本朝(ほんちょう)無題詩』『中右記部類紙背(ちゅうゆうきぶるいしはい)漢詩集』『本朝続文粋(もんずい)』『江都督納言願文(がんもん)集』などに収められた詩・詩序・願文などの正統的詩文とともに、世事逸話を素材とした『遊女記』『傀儡子(かいらいし)記』『洛陽田楽(らくようでんがく)記』『狐媚(こび)記』などの作や、彼の言談を筆録させた説話集『江談抄』があり、また『続本朝往生伝』『本朝神仙伝』を編纂(へんさん)した。さらに歌集『江帥(ごうのそつ)集』があり、『後拾遺和歌集』以下の勅撰集(ちょくせんしゅう)にも多く入集(にっしゅう)する。[後藤昭雄]
『川口久雄著『大江匡房』(1968・吉川弘文館) ▽大曽根章介他校注『日本思想大系8 古代政治社会思想』(1979・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおえ‐の‐まさふさ【大江匡房】
平安後期の学者。歌人、政治家。匡衡の曾孫。成衡の子。正二位権中納言に至る。神童といわれ、後三条、白河、堀河天皇の侍読となる。著「江家次第」「続本朝往生伝」「本朝神仙伝」「遊女記」他多数。家集「江帥集」。「江談抄」はその談話の聞書。江帥(ごうのそつ)。長久二~天永二年(一〇四一‐一一一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江匡房」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大江匡房の関連情報

関連キーワード

ミカエル4世樽前山藤原公任大浦荘菅原在良致平親王藤原義忠藤原公任

他サービスで検索

「大江匡房」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.