Rakuten infoseek

辞書

大水【オオミズ】

デジタル大辞泉

おお‐みず〔おほみづ〕【大水】
大雨などのため、などの水があふれて陸地を浸すこと。洪水

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐すい【大水】
大きな河川や湖。
おおみず。洪水。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

大水
正式社名「株式会社大水」。英文社名「DAISUI CO., LTD.」。卸売業。昭和14年(1939)「大阪冷凍海老株式会社」設立。同22年(1947)「大阪水産物株式会社」に改称。同23年(1948)現在の社名に変更。本社は大阪市福島区野田。日本水産系。水産物卸売り大手。大阪市中央卸売市場で水産物を販売。関西地盤。子会社で冷蔵倉庫事業も行う。東京証券取引所第2部上場。証券コード7538。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおみず【大水】
大雨などのために、川や湖などの水があふれ出ること。住宅や田畑に害を与えたりする。洪水。 -が出る -になる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいすい【大水】
大きな川や湖。
おおみず。洪水。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐みず おほみづ【大水】
〘名〙 大雨などのために、川、池、湖の水が非常にふえたり、あふれ出たりすること。また、その水。洪水。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉九「洪水(オホミヅ)の時にても根こぎになったるらしき棕櫚(しゅろ)の樹」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐すい【大水】
〘名〙
河川があふれて、多量の水が流れ出ること。出水。洪水。おおみず。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)八「大水(タイスイ)(〈注〉オホキナルミツ)のためにただよはされむにも」 〔春秋左伝‐桓公元年〕
② 大きな河川・湖・海などをいう。
経国集(827)一四・奉和凊涼殿画壁山水歌〈都腹赤〉「名山大水宛然是、咫尺能分千万里」 〔書経‐微子〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.