Rakuten infoseek

辞書

大村益次郎【おおむらますじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大村益次郎
おおむらますじろう
[生]文政7(1824).3.10. 周防
[没]明治2(1869).11.5. 大阪
幕末の洋学者。日本の近代的軍制の創始者。周防国吉敷郡鋳銭司村字大村に医者村田孝益の長男として生れ,幼名惣太郎,諱は永敏,通称を良庵といい,のち慶応1 (1865) 年蔵六と改称。緒方洪庵,P.シーボルトについてオランダ医学を学ぶ。兵学を修め,宇和島藩御雇となったのち,蕃書調所教授手伝い,さらに講武所で教授を歴任。明治2 (69) 年,兵部大輔となり,諸藩混成の士族的御親兵を国民的な近代軍隊へ改組するため,フランス陸軍,イギリス海軍を模範として一連の兵制改革を行なったが,旧士族の反感を買い,9月4日京都の止宿先で襲われ,刺された傷がもとで大阪の病院で死亡。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおむら‐ますじろう〔おほむらますジラウ〕【大村益次郎】
[1825~1869]幕末の兵法家。周防(すおう)の人。初め村田蔵六と名乗った。戊辰(ぼしん)戦争にすぐれた軍事指揮を執った。日本の兵制の近代化に尽力したが、反対派浪士に襲われて死亡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大村益次郎 おおむら-ますじろう
1824-1869 幕末の兵学者。
文政7年3月10日生まれ。緒方洪庵にまなび,伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩につかえる。幕府の蕃書調所,講武所につとめ,万延元年から長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩で軍制改革に参画。維新後,新政府の兵部大輔として近代兵制確立につとめたが,明治2年9月京都で神代(こうじろ)直人らにおそわれ負傷,同年11月5日に死亡。46歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓は村田。名は永敏。通称は惣太郎,蔵六。号は亮(良)庵。
格言など】安価で軽便な四斤砲をたくさんつくってくれ(最期の言葉)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

大村益次郎
鋳銭司[すぜんじ](現在の山口市)出身で、兵学や医学を研究して幕府や宇和島藩[うわじまはん](愛媛県)につかえました。のちに長州藩へ招かれ、第二次長州征伐[だいにじちょうしゅうせいばつ](四境戦争[しきょうせんそう])や戊辰戦争[ぼしんせんそう]で戦いの指揮をとって活躍し、明治政府では近代的な軍隊をつくる準備をすすめましたが、不満を持った人々に襲われ、そのケガがもとで亡くなりました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおむらますじろう【大村益次郎】
1825‐69(文政8‐明治2)
幕末・維新期の軍政家。もと村田良庵,のち蔵六,大村益次郎に改める。名は永敏。長州藩小郡宰判鋳銭司村字大村の勘場(村役所)付医家に生まれる。医業を志し防府の蘭医梅田幽斎に入門し,その勧めにより豊後の広瀬淡窓に漢籍を学び,1846年(弘化3)大坂の緒方洪庵の適塾に医学と蘭学を学び,また長崎でシーボルトにも就学した。48年(嘉永1)に帰坂し,適塾塾頭に任じられ頭角を現した。50年帰郷して医業を開くも振るわず,53年宇和島藩の招きに応じ,高野長英の後任として兵器製造・洋学担当の雇士として兵書翻訳や軍艦製造などに従事した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおむらますじろう【大村益次郎】
1824~1869) 陸軍の創立者。周防すおうの人。一時、村田蔵六と称した。適塾で蘭学を修め医師となる。のち長州藩で兵学を講じ、戊辰戦争では官軍を指揮。1869年(明治2)兵部大輔となり、兵制の近代化に尽力したが、守旧派に襲われ死去。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大村益次郎
おおむらますじろう
(1825―1869)
長州出身の洋学者で近代的軍制の創設者。文政(ぶんせい)8年5月3日、村医村田孝益(むらたたかます)の長男として生まれる。幼名宗太郎(そうたろう)、通称永敏(ながとし)、一時村田蔵六(ぞうろく)と称した。蘭学者(らんがくしゃ)緒方洪庵(おがたこうあん)に師事。洋式兵学の専門家として宇和島藩に招かれてから、幕府に出仕、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)、講武所(教授)を経て長州藩に仕える。一藩を超越した開明的知識人の発想をもち、伊藤博文(いとうひろぶみ)らの海外密航も斡旋(あっせん)。第二次長州戦争に備えて藩の軍制改革に従事、平民軍の編成に貢献。また、新式銃装備の充実に尽力し、購入のため自ら上海(シャンハイ)に渡った。開戦(1866)になると、石州口(せきしゅうぐち)参謀として優れた戦略を発揮した。王政復古後、明治新政府の軍事指導者となり、戊辰戦争(ぼしんせんそう)では彰義隊(しょうぎたい)征討に戦功をあげた。1869年(明治2)兵部大輔(ひょうぶたいふ)となる。封建制の解体が進んでいた長州藩の立場を背景に、兵権を天皇に帰属させた全国常備配置の「御親兵(ごしんぺい)」を編成し、ゆくゆくは国民皆兵をもって財政と両立させること、当面はフランス式軍制に拠(よ)りつつ、軍政の根拠地を京阪地方に置くことなど、国軍の基礎を建設する構想を実行に移すべく1869年7月視察に西下した。おりから、その政策は、武士層の特権剥奪(はくだつ)、洋式模倣の弊害をもたらすとして攘夷(じょうい)派の敵意を集めており、同年9月、同じ長州の不平分子らに京都の旅宿で襲撃され負傷、11月5日敗血症で死去した。46歳。その遺志は、山県有朋(やまがたありとも)ら長州系軍政家に継承され、やがて徴兵令の制定に発展する。また、1893年東京・靖国(やすくに)神社に銅像が建立された。[田中時彦]
『絲屋寿雄著『大村益次郎――幕末維新の兵制改革』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおむら‐ますじろう【大村益次郎】
幕末の軍政家。初名村田蔵六。周防の人。町医師の子として生まれ、宇和島藩、幕府出仕などを経て、長州藩に出仕。長州征伐、戊辰(ぼしん)戦争に軍事的手腕を発揮。維新後、兵部大輔として近代兵制の確立につとめたが、反対派に刺殺された。文政八~明治二年(一八二五‐六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大村益次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大村益次郎の関連情報

関連キーワード

ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちルイアルペッジョーネシャルル[10世]マクドナルドマクレービルマ戦争グアダルペ・ビクトリアパーマー

他サービスで検索

「大村益次郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.