Rakuten infoseek

辞書

大工【だいく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大工
だいく
carpenter
木工事を専門とする技能者。広義には,指物大工,船大工,家具大工,車大工などを含めるが,通常は家屋大工,橋梁大工,堂宮大工,大道具方など建設作業に関連するものだけをさす。また,コンクリート工事の型枠の加工取付けを行う仮枠大工も,枠組工として別に取扱われている。大工は奈良,平安時代律令制では建築技術者の最高の地位であり,建築工事における最高の統率者の名称であった。現在の意味の大工にあたる職人は,1年のうち,ある日数だけ上番して働くというところから,番匠と呼ばれた。それが大工となるのは江戸時代以降である。大工の仕事は,おもに木材を使用して,のこぎり,鉋,金槌,きり,のみ,差し金,墨壺などの手道具,電気鉋,電気ドリルなど簡易機械による加工作業,組立作業,壁,柱などの心出し,墨付けなどの作業である。また請負人や親方に雇用されて,建築現場で働くものと,自営で住宅の新築修理に従事するものとがある。 1950年5月建築士法 (昭和 25年法律 202号) の制定により,建築技術者が免許制となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐く【大工】
主として木造の家屋などを建てたり、修理したりする職人。また、その仕事。「船大工」「日曜大工
律令制で、木工寮(もくりょう)修理職(しゅりしき)大宰府などに属し、諸種造営に従った職。おおたくみ。おおきたくみ。
中世木工職人の長。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

大工
 塩田の中で、塩水を煮つめて、塩を取り出す釜屋かまや]で働く人のことです。その中でも、日中に働く人を「大工」と言います。建物をつくる「大工」とは全く関係がありません。また、夜勤の人を「老僧ろうそう]」と呼んでいました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいく【大工】
現在は建築のための木工に従事する職人を大工と呼ぶが,そのほかに,荷車等をつくる車大工(くるまだいく),木造船をつくる船大工,家具をつくる家具大工なども存在した。建築に従事する大工を特に家大工(やだいく)と呼んだこともある。またそのなかでも神社・寺院の建築に従事するものは宮大工(みやだいく),堂宮大工(どうみやだいく)と呼ばれている。 大工の意味には時代により変遷がある。まず,奈良時代以前は一種の官名で,〈大匠〉とも書かれ,〈おおきたくみ〉と読んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいく【大工】
木造建造物の建築・修理などを職業とする人。こだくみ。きのたくみ。番匠。 「 -仕事」 「日曜-」
律令制で、木工寮・大宰府などに属し、諸種の営作をする際の技術的指導をした役人の長。おおたくみ。おおきたくみ。 → 少工しようく
中世の建築工事組織で、木工・瓦葺工・鍛冶工などそれぞれの職種ごとの長。棟梁とうりよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

だいく【大工】
➀主として木造の建物の建築や修理をする職人。
➁平安時代から室町時代に、家屋・船・車などを作る職人の長。棟梁(とうりょう)。家屋建築は大工が左官・屋根職・鳶(とび)などを統括する形で請け負った。◇「だいこう」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大工
だいく
木造建築の職人。5世紀には木工(こだくみ)とよばれた。8世紀ごろ、大工(だいこう)とは技術官人の最高者の職名であり、木工・鍛冶(かじ)や壁塗(左官)職のそれぞれに大工(だいこう)が存在した。11世紀になって木工は独立した職人となって、年間のうち一定期間を上番して労務にあたるところから番匠(ばんじょう)ともよばれた。そして、16世紀に入ってから、一般に木工・番匠を大工と呼び習わすようになった。このころより建築技術は長足の進歩を遂げ、まず木割(きわり)術(建築各部材の大きさの割合を決める工法。つまり柱の径、柱間などを基準にして部材の大きさを決定する)が確立された。さらに、18世紀には、立体幾何の図式解法である規矩(きく)術が体系づけられ、それに伴い工作法も一段と高度化し、必然的に専門の家大工、宮大工、船大工、車大工、水車大工、機大工などに分化していった。
 家大工は数も多く、大工といえば家大工が代表格であったが、19世紀になると有力な大工の親方や棟梁(とうりょう)が請負師の職も兼ねるようになったため、一般の大工の仕事は賃仕事でしかなくなった。さらに、近代に至って請負師を源流とする建設業者により、大工をはじめとする建設職人は下職または下請けといった立場に置かれた。これにより住宅の注文建築は激減し、さらに第二次世界大戦後に至り、新しい建築工法、新建材の誕生、電動工具の開発などによって、木割・規矩術を生かした伝統的建築はほとんどみることができなくなってきている。
 宮大工は、17世紀以前、社寺の建築・改築を主なる業として、このほかに一般の住宅建築も行っていた。それが近世以後は住宅専門の家大工と分離し、社寺専門となった。社寺の建築においては、伝統を守らなければならず、やたらに新しい工法を取り入れることは許されない。今日、彼らは、文化財である社寺の修理・改築等を受け持つが、工具は伝統の槍鉋(やりがんな)、両刃(銀杏(いちょう)刃)、鑿(のみ)、手斧(ちょうな)などを使い、用材もヒノキを主とし、ケヤキ、クスノキ、スギ、マツなどに限定されている。このように宮大工に関しては、伝統技術は現在も後の世代に受け継がれており、その存在は貴重といえよう。
 船大工は、古代・中世における造船技術の停滞を打ち破って、近世に大和(やまと)型とよぶ準構造船をつくった。大和型とは、肋(ろく)材は未熟・幼稚な代物であったものの、横木(ぬき)が船体補強の役割を果たす、当時としては注目に値する造船技術の粋といえた。大型荷船としては千石船があり、このほかに川船、関船(せきぶね)(軍船)、荷船など中小型船もつくった。用材は海船と川船では違い、前者の場合はクスノキ・ケヤキを、後者ではマキを中心に使用し、ヒノキ・スギは両方に使ったとする。技術面では、当然、木割・規矩術に頼ったが、宮大工のように厳しい制約はなく、外来のコンパスも大いに利用した。
 19世紀後半以後、大型船は木造鉄船を経て鉄鋼船となったため、船大工は木造の中小荷船、漁船、川船などをつくるのみとなった。さらに現代に至ると、中小型船も原動機付きとなり、船大工に対する新規注文はばったりとだえた。しかも、彼らには宮大工のように文化財補修というような仕事もないため、伝統的技術は衰退の一途をたどっている。[遠藤元男]
『西和夫著『江戸時代の大工』(1980・学芸出版社) ▽西岡常一・青山茂著『斑鳩の匠・宮大工三代』(1977・徳間書店) ▽須藤利一編「船」(『ものと人間の文化史 1』1968・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおい‐たくみ おほい‥【大工】
〘名〙 令制で木工寮、大宰府に属し、造宮、造寺など工事のことをつかさどった上級技術者。その下に少工等がある。
※令義解(718)官位「大宰大工(たざいのおほいたくみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐く【大工】
〘名〙
① 令制での下級官人の一つ。木工寮・修理職・大宰府・造宮司・造寺司などにみられ、土木・建築・造船などに従事する技術官人。おおきたくみ。おおたくみ。大匠。
※令義解(718)職員「大工一人。〈掌城隍。舟檝。戎器。諸営作事〉」
② 平安時代から室町時代、国衙や大社寺に所属し、家屋・船舶・細工物などを建造製作する手工業技術者集団の長。
※左経記‐治安二年(1022)七月一四日「事了被造作・作仏行事并大工等
③ 戦国時代以降、木造家屋を建てたり修理したりする職人。木工(もっこう)
宗長手記(1526‐27)下「旅宿の小庵〈略〉大工めしてうちかたむれど、山とをくして材木まれなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大工」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大工の関連情報

他サービスで検索

「大工」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.