Rakuten infoseek

辞書

大川【おおかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大川
おおかわ
香川県東部,大川平野の中部に位置し,津田川上・中流域を占める地域。旧町名。 1955年富田村と松尾村が合体して大川村となり,1961年町制。 2002年4月津田町,志度町,寒川町,長尾町と合併し,さぬき市となる。播磨灘に注ぐ津田川上・中流域を占める。南部の山地の大部分は花崗岩類からなる。中心集落の田面 (たづら) を中心として,大正初年に輸出用貝ボタンの製造を開始して以来ポリエステルボタンや手袋の主産地で,ボタンは海外に輸出される。四国随一の規模をもつ富田茶臼山古墳は国指定史跡。津田川上流に大川ダム,弥勒池周辺に自然休養村,このほか国の重要文化財である旧恵利家住宅などがある。北部を長尾街道が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大川
おおかわ
福島県南西部,福島・栃木県境の荒海山に源を発し,会津盆地日橋川と合する阿賀野川の上流部。上・中流部は深い峡谷で,下郷町域の楢原郷,九々布郷,湯野原郷では台地を深く刻み,各所に比高 100mあまりの絶壁をつくり,奇岩景勝の地をなす。天然記念物に指定されている「塔のへつり」の奇岩は特に有名。川沿いに会津鉄道,日光街道 (国道 121号線) が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おお‐かわ〔おほかは〕【大川】
大きい川。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおかわ【大川】[福岡県の市]
福岡県南西部の市。筑後(ちくご)川下流の南岸にある。家具・指物工業が盛ん。人口3.7万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐かわ【大川】[東京都の川]
東京都を流れる隅田川の、吾妻橋から下流通称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐かわ【大川】[大阪市の川]
大阪市内を流れる淀川(よどがわ)下流の通称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せん【大川】
大きな川。おおかわ。大河

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおかわ【大川】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「大川」姓の人物
大川功(おおかわいさお)
大川周明(おおかわしゅうめい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおかわ【大川】
(川幅の広い)大きな川。大河。
◇ 東京都内を流れる隅田川の吾妻橋付近から下流の通称。
◇ 大阪市内を流れる淀川下流の通称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおかわ【大川】
福岡県南西部、筑後川下流南東岸の市。建具・家具・仏壇などを中心とした木工業が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおかわ【大川】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいせん【大川】
大きな川。大河。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕大川(おおかわ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔和歌山県〕大川(おおかわ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔沖縄県〕大川(おおかわ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔静岡県〕大川(おおかわ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福島県〕大川(おおかわ)

福島県南西部を流れる阿賀野(あがの)川(阿賀(あが)川)上流部の別称。帝釈(たいしゃく)山地の荒海(あらかい)山北東腹に源を発し、北流して会津(あいづ)盆地中央部で日橋(にっぱし)川と合流、阿賀野川となる。中流は大川ラインの景勝で、河岸に国指定天然記念物の「塔(とう)の岪(へつり)」がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおかわ おほかは【大川】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せん【大川】
〘名〙 大きな川。大河。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一〇「名川は天下して大川也」 〔易経‐需卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大川の関連情報

他サービスで検索

「大川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.