Rakuten infoseek

辞書

大岡昇平【おおおかしょうへい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大岡昇平
おおおかしょうへい
[生]1909.3.6. 東京
[没]1988.12.25. 東京
小説家。 1932年京都大学仏文科卒業。小林秀雄らの『文学界』に書評,スタンダール研究などを発表,翻訳『スタンダール選集』 (7巻,1936~37,共編) をはじめ「スタンダールもの」を次々と訳出した。第2次世界大戦後は,フィリピンでアメリカ軍の捕虜になった経験を明晰な文体で小説化した『俘虜記』 (48) ,姦通,虚栄,欲望などのからむ心理模様をフランス心理小説のロマネスクな手法で描いた『武蔵野夫人』 (50) ,戦場を離脱して限界状況に追込まれた兵士の孤独と生への執着を掘下げた『野火』などの秀作を世に問い,さらに中村光夫,福田恆存,吉田健一らと「鉢の木会」を結成,58年から文芸季刊誌『声』を刊行して文壇芸術派の指導的存在となった。早くから中原中也小林秀雄らの影響を受け,抒情性と対象の知的把握,死の浪漫的憧憬を漢文脈と口語体との巧みな融合によって端然と語るところに特色をもつ。ほかに『酸素』 (52) ,『花影』 (58~59) などの長編を書き,『事件』 (77) では裁判小説の形を借りて法と犯罪の相関を追及した。また中原中也の回想的伝記研究『朝の歌』 (58) ,『富永太郎の手紙』などもある。『レイテ戦記』 (67~69) で毎日芸術賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおおか‐しょうへい〔おほをか‐〕【大岡昇平】
[1909~1988]小説家。東京の生まれ。戦争体験をもとにした「俘虜記(ふりょき)」で作家として出発。精細な心理描写と知的な作品構成で知られる。他に「武蔵野夫人」「野火」「レイテ戦記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大岡昇平 おおおか-しょうへい
1909-1988 昭和時代後期の小説家。
明治42年3月6日生まれ。京都帝大卒業後,スタンダール研究に専念する。昭和19年応召し,フィリピンの戦場で米軍の捕虜(ほりょ)となり,20年復員。23年この体験を「俘虜記(ふりょき)」にかき,横光利一賞。「野火」「武蔵野夫人」「花影」「中原中也」など多彩な作品を発表。44年戦記文学の大作「レイテ戦記」を完成させた。昭和63年12月25日死去。79歳。東京出身。
【格言など】自分の過去の真実を否定することほど,今日の自分を愚かにするものはない(「俘虜記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

大岡昇平
1909〜1988(明治42年〜昭和63年)【小説家】「俘慮記」「野火」で戦後派作家の旗手に。 芸術院会員を拒否した気骨の人。昭和後期の小説家。東京都出身。京大卒。成城高校時代に家庭教師として小林秀雄と出会い、後に中原中也・河上徹太郎今日出海(こんひでみ)らとも知り合う。太平洋戦争の従軍体験をもとに「俘虜記(ふりよき)」を書き、以後「野火(のび)」「レイテ戦記」と戦争文学の傑作を発表。「武蔵野夫人」「花影(かえい)」など風俗小説も執筆した。1981年(昭和46)芸術院会員に選出されたが、辞退。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおおかしょうへい【大岡昇平】
1909‐88(明治42‐昭和63)
作家,評論家。東京生れ。京大フランス文学科卒。成城高校在学中に小林秀雄,中原中也,河上徹太郎らと知り合った。戦前は会社員生活をしながら《文学界》などに批評を書き,またスタンダール研究に力を注ぐ。1944年一兵士として応召出征,45年1月フィリピン戦線でアメリカ軍の捕虜となった。48年この経験を書いた短編《俘虜記(ふりよき)》(合本《俘虜記》では《捉(つか)まるまで》と改題)で文壇に登場,次いで禁欲的な恋愛小説《武蔵野夫人》(1950),敗軍下の戦場での神と人肉食の問題を取りあげた《野火》(1951)を発表,戦後文学を代表する作家の一人となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおおかしょうへい【大岡昇平】
1909~1988) 小説家。東京生まれ。京大卒。「俘虜記」「野火」で自らの戦場体験を内省的に描く。知的な文体の「武蔵野夫人」「花影」や、「レイテ戦記」ほか、中原中也評伝などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大岡昇平
おおおかしょうへい
(1909―1988)
小説家、評論家。スタンダール研究者。明治42年3月6日、東京市生まれ。青山学院中等部から成城中学へ転じ、成城高校文科へ進む。家庭教師となった小林秀雄を通して河上徹太郎や中原中也(ちゅうや)、中村光夫(みつお)らと知り合い、昭和文学の担い手のなかでもっとも優れた人たちと文学的素養を蓄積する幸運に恵まれた。1934年(昭和9)京都帝国大学仏文科を卒業、国民新聞社や帝国酸素などに勤めるかたわら、スタンダール研究で知られるようになった。44年召集され、フィリピンのミンダナオ島の戦線に送られた。アメリカ軍の捕虜となり、45年(昭和20)12月に帰国。そのときの体験を描いた『俘虜記(ふりょき)』(1948。のち『合本 俘虜記』に収めるとき『捉(つか)まるまで』と改題)で、作家として出発した。その後、捕虜生活中の体験を「檻禁(かんきん)された人間」の視点から描いた『合本 俘虜記』(1952)や、極限状況の人間の実存を追求した『野火(のび)』(1948~49)などを完成し、戦後文学の旗手となった。さらに戦闘と敗走の体験を核として歴史小説にも着手し、『将門記(しょうもんき)』(1965)や『天誅組(てんちゅうぐみ)』(1974)などを著し、転じて井上靖(やすし)や森鴎外(おうがい)の歴史小説を批判して文壇や学界に重要な問題を投げかけ、またレイテ島における戦闘経過を膨大な資料を駆使して克明に再現しながらわが国近代の問題に迫った大作『レイテ戦記』(1967~69)を完成した。
 他方、明晰(めいせき)な分析的文体によって恋愛心理をとらえた『武蔵野(むさしの)夫人』(1950)や『花影(かえい)』(1958~59)などの名作を完成し、あるいはまた『朝の歌』(1956)や『在(あ)りし日の歌』(1966)などによる中原中也研究や、『富永太郎』(1974)の評伝的な研究、『常識的文学論』(1961)、『昭和文学への証言』(1969)、『文学における虚と実』(1976)などの評論、推理小説的な設定によって現代の裁判の問題をえぐった『事件』(1977)、B級戦犯として死刑を宣せられた元軍人の法廷闘争を再現したドキュメント『ながい旅』(1982)などを著し、現代でもっとも総合性のある、多彩な活動を行った。昭和63年12月25日没。[亀井秀雄]
『『大岡昇平集』全18巻(1982~84・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおおか‐しょうへい【大岡昇平】
小説家。東京生まれ。京大卒。戦争体験を通して人間性を省察した「俘虜記」、さらに「武蔵野夫人」「野火」「レイテ戦記」などを発表し、明晰で知性的な文体を確立。明治四二~昭和六三年(一九〇九‐八八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大岡昇平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大岡昇平の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門牧野省三キェシロフスキ[各個指定]芸能部門高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子マッキム・ミード&ホワイト日本郵便制度史(年表)

他サービスで検索

「大岡昇平」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.