Rakuten infoseek

辞書

大山崎離宮八幡宮【おおやまざきりきゅうはちまんぐう】

旺文社日本史事典 三訂版

大山崎離宮八幡宮
おおやまざきりきゅうはちまんぐう
京都府乙訓 (おとくに) 郡大山崎町にある神社
859年宇佐八幡神を男山(石清水八幡)に迎える途中嵯峨天皇河陽 (かや) 離宮のあったこの地に一時止まり奉祀したことに始まる。陸上河川交通要衝にあり,ここを本所とする油座神人 (じにん) は有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山崎離宮八幡宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大山崎離宮八幡宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.