Rakuten infoseek

辞書

大名【だいみょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大名
だいみょう
平安時代から戦国時代にかけて,当初は大きな名田 (みょうでん) を領有するもの,やがて家子郎党 (いえのころうとう) を養って在地支配の力をもつ武士をいったが,江戸時代には1万石以上の武家で,将軍に臣属する者をさした。徳川氏は慶長5 (1600) 年の関ヶ原の戦い以後,大名を徳川氏との親近度によって親藩譜代外様の3つに分類した。親藩は家康の子孫を封じた3家 (→御三家 ) および御三卿と越前,会津2松平家および家門 (御三家,越前家,会津家から分家した大名) をいい,特に御三家の支流を連枝と呼んだ。譜代は徳川氏が三河を領していた当時の家臣で大名となった者。外様は関ヶ原の戦い前後に徳川氏に臣従した者。その他,領地の大小によって,国主 (国持) ,準国主,城主 (城持) ,城主格,領主に分類する分け方もある。大名の領地を領分,家臣を家中と称したが,これらを藩と総称することが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おお‐な〔おほ‐〕【大名】
事物の総称。
村や町を大分けにした地区の名。大字(おおあざ)。⇔小名(こな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐みょう〔‐ミヤウ〕【大名】
平安末・鎌倉時代、多くの名田(みょうでん)を所有した者。大名主(だいみょうしゅ)。
鎌倉時代、大きな所領をもち、家の子郎等(ろうどう)を従えた有力な武士。
室町時代、有力な守護守護大名
戦国時代、諸国を支配し、家臣に知行地を与えて統轄した者。戦国大名。
江戸時代、将軍に直属した1万石以上の武家。将軍との親疎関係から親藩譜代外様、領地の関係から国持准国持城主・城主格(無城だが城主と同格)・無城の別があった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐めい【大名】
大きな名誉。大きな名声。
「普く天下の財貨を以ても買いがたき程の不朽の―を得たり」〈中村訳・西国立志編
だいみょう(大名)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいみょう【大名】

[中世]
 勢威ある人,または家の呼称。家格の一つ。邦訳《日葡辞書》には〈Taimei タイメイ(大名) Vôqina na(大きな名),土地を支配しているとか,行政官のようなある職務に任じているとかする大身の主君や貴人〉,また〈Daimiŏ(大名) 国の豪族あるいは貴人〉とある。これによれば大名(だいみよう)と大名(たいめい)は異なるもののようにも考えられるが,同書は諸大名(だいみよう)と諸大名(たいめい)を同義とし,また《節用集》なども一般的には両訓をのせているから,室町時代には二つのよみがあったといえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たいめい【大名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおな【大名】
大字おおあざ」に同じ。 ⇔ 小名こな

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいみょう【大名】
江戸時代、将軍直臣で知行一万石以上の武士。単に大名という場合はこれをさす。ほぼ二六〇~二七〇家あり、その経歴により親藩・譜代・外様に、また所領の規模により国主(国持ち)・準国主・城主・城主格・無城などに区分された。国大名。
平安末から鎌倉時代、多くの名田を持つ田堵たと・名主の称。
鎌倉時代、大きな所領を有し、多くの家の子・郎党を従えた武士。 → 小名
室町時代、管国内の武士を家臣化し、領国支配を強化した守護。守護大名。
戦国時代、守護大名を倒して強力な支配を行なった大領主。戦国大名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいめい【大名】
大きな名誉。高い名声。高名。 「不朽の-」
だいみょう(大名)」に同じ。〔節用集 文明本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大名
だいみょう
大名とは、本来私田の一種である名田(みょうでん)の所有者をいい、名田の大小によって大名・小名に区別された。すでに平安末期からその名がみえ、鎌倉時代には、大きな所領をもち多数の家子(いえのこ)・郎党(ろうとう)を従えた有力な武士を大名と称した。南北朝から室町時代にかけて、守護が領国を拡大して大名領を形成したところから守護大名とよばれたが、守護にかわって新しく台頭し、在地土豪の掌握を通じて一円知行(いちえんちぎょう)化を推進した戦国時代の大名は戦国大名とよばれた。こうして形成された大名は、江戸時代に入って近世大名となり、大名領を完成、幕府を頂点とする幕藩体制を完成した。江戸時代の大名は、1万石以上の領主(藩主)をいい、将軍に対して直接奉公の義務をもつ者をさした。一般に大名という場合は、この江戸時代の大名を意味する。これに対して、1万石以下の領主を旗本、御家人(ごけにん)、給人あるいは地頭(じとう)などと称した。また大名の家臣は、たとえ1万石以上であっても大名の資格を有しなかった。これを将軍の立場から陪臣(ばいしん)とよんだ。又者(またもの)あるいは又家来(またげらい)という意味である。[藤野 保]

大名の類別

大名は、その経歴・取り立てによって旧族大名、織豊(しょくほう)大名、徳川系大名(徳川一門=親藩、譜代(ふだい)大名)に分類される。旧族大名は戦国大名から近世大名に転化したもの。津軽、南部、伊達(だて)、佐竹、上杉、毛利、鍋島(なべしま)、松浦(まつら)、大村、宗(そう)、相良(さがら)、島津氏らで、東北、九州など辺境地帯の大大名が多い。織豊大名は織田(おだ)・豊臣(とよとみ)両氏の家臣から近世大名に取り立てられたもの。丹羽(にわ)、前田、藤堂(とうどう)、仙石(せんごく)、池田(岡山、鳥取)、浅野、蜂須賀(はちすか)、山内、黒田、有馬、細川氏らで、北陸、中国、四国、九州に多い。徳川系大名は徳川氏の一門、家臣から近世大名に取り立てられたもの。さらに親藩、譜代大名に分かれる。親藩には尾張(おわり)、紀伊、水戸の御三家(ごさんけ)および田安(たやす)、一橋(ひとつばし)、清水(しみず)の御三卿(ごさんきょう)をはじめ、越前(えちぜん)、松江、高松、会津の各松平(まつだいら)および久松松平氏ら、譜代大名には井伊、酒井、本多、榊原(さかきばら)、大久保、土井、水野、戸田、小笠原(おがさわら)、牧野、内藤、稲葉、久世(くぜ)、堀田、阿部、柳沢、間部(まなべ)、田沼氏ら、および家康以前に分かれた傍系松平一族がある。関東から東海、畿内(きない)にかけての中央地帯に多く、5万石以下の小大名が多い。さらにこれを将軍との親疎関係によって分類する場合は、御三家、御三卿、御家門、譜代、外様(とざま)に分けるが、御家門は御三家、御三卿以外の親藩およびその分家をさし、旧族大名と織豊大名を徳川系大名に対して外様として一括する。
 また領国や居城の規模によって、国主(国持(くにもち))、準国主、城主、城主格、無城に分け、あるいは江戸城中の詰間(つめのま)によって、大廊下、溜間(たまりのま)、大広間、帝鑑間(ていかんのま)、柳間、雁間(かりのま)、菊間に分け、さらに官位によって、侍従(じじゅう)以上、四品(しほん)(四位)、諸大夫(しょだいぶ)(五位)に分けた。大名の数は、初期3代の将軍による強力な大名統制によって、その数も安定しなかったが、その後しだいに固定し、中期以降には260家前後となった。そのなかでもっとも多かった大名は5万石以下の譜代大名である。[藤野 保]

大名統制

幕府の大名統制の基本は改易(かいえき)と転封(てんぽう)(国替(くにがえ))である。徳川家康は覇権確立後、戦後処理を通じて、西軍にくみした外様大名を大規模に改易し、その所領を没収するとともに、これらの没収地を、東軍に属して功労のあった外様大名に配分して転封する一方、直轄領(天領)に編入し、あるいは親藩・譜代大名の取り立てにあてた。こうして、豊臣時代の大名配置は大きく変化したが、とりわけ東海、東山およびその周辺諸国は大きく変化した。家康は、これらの地域に配置されていた多くの豊臣大名を、改易しあるいは辺境地帯に転封して、新たに親藩・譜代大名を配置した。ここに徳川氏を中心とする新しい大名配置ができあがり、幕藩体制の大枠がつくられた。
 戦後処理後の家康は、幕府を創設する一方、法の制定と制度の整備・運用を通じて大名統制を強化したが、対豊臣政策を戦略の中心に据えた。豊臣氏の討滅―大坂落城後は、その勢いにのって、1615年(元和1)、「一国一城令」に続いて大名統制の基本法をなす「武家諸法度(ぶけしょはっと)」を制定するとともに、畿内を掌中に収め、大坂およびその周辺諸国に譜代大名を配置した。2代将軍秀忠(ひでただ)は、大坂の陣で諸大名に示した軍役規定を明文化(元和(げんな)軍役令)する一方、畿内とその周辺諸国および対東北政策を戦略の中心に据えた。それによって、譜代大名は大坂周辺に集中配置されるとともに、東北進出が積極化した。ついで3代将軍家光(いえみつ)は、九州を中心とする対西国政策に戦略の中心を据えたため、これまで比較的変化が少なかった西国の大名配置は、ここで大きく変化した。こうして、東西九州に譜代大名が集中配置される一方、中国、四国においては、先に成立した御三家に続いて、松山、松江、高松の各松平家が成立し、東北においては会津松平家が成立して、この期に徳川系大名の配置は全国に拡大した。さらに家光は軍役令を改訂・整備(寛永(かんえい)軍役令)する一方、参勤交代を制度化し、鎖国体制を完成した。ここで法と制度運用による大名統制はいっそう強化され、幕府権力の基礎は確立・安定した。
 以上、初期3代の将軍による大名統制によって、実に224名(うち徳川系大名49名)の大名が改易され、これにかわって延べ172名(改易を含まず)に及ぶ親藩・譜代大名が創出・配置されて、幕府権力を支える強力な基盤となった。[藤野 保]

大名領の構造

以上の大名の統制・創出策によって、外様大名はしだいに辺境地帯に移され、かわって親藩・譜代大名が中央地帯に配置されていった。その後、徳川系大名の配置は全国に拡大したが、とくに譜代大名の集中配置の地域は、直轄領、旗本領とともに中央地帯にあり、しかも、これら三者間において所領の著しい統廃合・切り替えが行われたため、中央地帯における譜代大名領は著しく分散知行化(非領国型)するに至った。以上に対して、旧領に定着した旧族外様大名や、早期に定着した豊臣系外様大名の多い辺境地帯および中間地帯は、領国の固定化によって一円的所領を保ち(領国型)、両者の所領構造は大きく異なったのである。しかも、それは単に所領構造の相違にとどまらず、藩制の成立に異なった様相を与えた。
 しかし、諸大名は幕府の統制下にあって、共通に軍役を負担し、幕藩体制の諸原則を、それぞれの領内に実施していった。兵農分離による家臣団の城下町集住策、検地の実施による小農民の創出と維持策、生産力の増強と貢租の増徴のための各種の勧農策、城下町の興隆と市場統制のための各種の流通策がそれである。初期の大名領は、諸大名の直轄地(蔵入地(くらいりち))と家臣団の知行(ちぎょう)地(地方(じかた)知行)に分かれていたが、諸大名は知行地の割替・分散化を通じて家臣団の知行権を制限し、あるいは蔵米(くらまい)で支給する俸禄(ほうろく)制に切り替えたりして、大名権力の基礎を強化していった。それと同時に、家中法(藩法)を制定して、家臣統制を強化する一方、藩の制度・機構を整備して、家老、城代、奉行(ぶぎょう)以下の行政諸役を分掌させた。1869年(明治2)版籍奉還後、大名は一時知藩事(ちはんじ)になったが、71年廃藩置県の結果廃止され、家格によって華族となった。しかし、これも第二次大戦後廃止された。[藤野 保]
『藤野保著『新訂幕藩体制史の研究』(1975・吉川弘文館) ▽金井圓著『藩政』(1962・至文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐な おほ‥【大名】
〘名〙
事物の総称。一般名。
※天理本日本書紀抄(1527)上「やまとと云は吾国の大名也」
② 町村を大分けにした区域の名。大字(おおあざ)。⇔小名(こな)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐みょう ‥ミャウ【大名】
〘名〙
① 平安末・鎌倉時代、多くの名田(みょうでん)を所有していた者。
※新猿楽記(1061‐65頃)「三君夫出羽権介田中豊益、偏耕農為業、更無他計、数町戸主、大名田堵也」
② 大きな名田。
※金沢文庫古文書‐元徳三年(1331)一一月二一日・信濃国太田庄倉郷請料状案(七・五四〇四)「合 大名二名、小名八名、浮免二名」
③ その名がそれぞれの集団、地域でなりひびいている有勢者、分限者。「たいめい」が本来の呼称で、室町時代、有力な守護が室町幕府のもとで大名として家格化し、「だいみょう」とも称するようになった。
※吾妻鏡‐寿永三年(1184)三月一日「土佐国大名国信。国元。助光入道等所」
④ 江戸時代、一万石以上を領有する幕府直属の武士の称。将軍家との親疎関係から親藩、譜代、外様に、所領の規模から国主(国持)・准国主・城主・城主格・無城などに区別された。三代家光以後、その数は二六〇前後あり、もっとも多いのは五万石以下の譜代大名であった。明治維新にはその家格によって華族に列した。
※御触書寛保集成・一‐慶長二〇年(1615)七月「諸大名参勤作法の事」
※雑俳・柳多留‐三二(1805)「大名のしっぽとらへどなた様」
[補注](1)「文明本節用集」「弘治二年本節用集」では、ダイメイの読みでは「守護」の意味とし、ダイミャウの読みでは「銭持」の意味とするが、「明応本節用集」「両足院本節用集」ではタイメイの読みで、「堯空本節用集」ではタイメウの読みで「守護、銭持」の意味とする。読みの相違が意味の差にどうかかわっていたのかは必ずしも明確ではない。
(2)「天正狂言本」では「大明」と表記され、「大名」の表記を避けた意図的な表記と見る立場もあるが、この資料の表記全体から見て、単純な当字とみなすのが妥当だろう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐めい【大名】
〘名〙
① 大きな名誉。すぐれた名声
※神皇正統記(1339‐43)下「又大名の下にほこる心や有けん」 〔杜甫‐詠懐古跡詩〕
※文明本節用集(室町中)「大名 タイミャウ 大名(メイ)ハ守護大名(ミャウ)ハ銭持(ゼニモチ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大名の関連情報

他サービスで検索

「大名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.