Rakuten infoseek

辞書

大口盆地【おおくちぼんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大口盆地
おおくちぼんち
鹿児島県北部,川内川の上流域にある盆地。別称伊佐盆地大部分伊佐市に属する。北は国見山地,西は出水山地にさえぎられ,東に霧島山がそびえる。南北約 13km,東西約 6kmの細長い盆地。交通の要地で,古くから肥後国薩摩国の国境地域として戦略上重視された。夏は高温で良質の伊佐米を産する。中心市街地の大口は米,木材の集散地。盆地の中央低地で東部から流入する川内川に北部から流入する支流,羽月川が合流し,南西部に流出。途中に曽木の鶴田ダムがあり,川内川流域県立自然公園の中心となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおくち‐ぼんち〔おほくち‐〕【大口盆地】
鹿児島県北部、伊佐(いさ)市を中心とした県内最大の盆地。東西約4キロメートル、南北約15キロメートル、面積約43平方キロメートル、標高170メートル前後。川内(せんだい)川上流域に広がり水田耕作が盛んで、伊佐米を産する。盆地を囲む山地山麓はシラス台地を形成している。伊佐盆地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおくちぼんち【大口盆地】
鹿児島県北西部にある県内最大の盆地。東から北は肥薩国境の山地,西側は出水いずみ)(紫尾)山地に囲まれる。東西幅最大20km余,南北25kmの縦長紡錘形で,盆地底の標高は200m。盆地底をやや西にかたよって羽月川が流れ,盆地南部を西から東に流入する川内(せんだい)川に北から合流する。盆地底はこれら河川の沖積平野で,伊佐米で知られる県下有数の米産地である。標高がやや高いので冬季は県下でも比較的寒冷であり,少しは雪が積もる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大口盆地
おおくちぼんち
鹿児島県北部、伊佐市(いさし)を中心とした盆地。伊佐盆地ともよぶ。北は鹿児島・熊本両県を境する国見(くにみ)山地、東と西はその支稜(しりょう)、南部は国見岳によって囲まれる。川内川(せんだいがわ)流域の盆地で、面積は約43平方キロメートル。標高170メートル内外。川内川はこの南縁に沿って西流するが、国見山地から南流した羽月川(はつきがわ)と盆地の出口付近で合流する。そこには溶結凝灰岩からなる曽木の滝(そぎのたき)があり、ここを通った水流は峡谷を抜けて鶴田ダム湖へ入る。盆地気候を示し、年平均気温は鹿児島市と比較し2℃ほど低い。豊富な水と土地を利用して水田耕作が盛んである。[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大口盆地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大口盆地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.