Rakuten infoseek

辞書

大友氏【おおともうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大友氏
おおともうじ
鎌倉時代に能直を祖とする豊後の豪族。本領は相模国大友郷であるが,能直は源頼朝に仕えて御家人となり,養父中原親能から豊後国大野荘地頭職を譲られ,豊後に勢力をもった。親秀のときには豊後守護に補任されており,跡を継いだ頼泰は蒙古襲来に際して,豊後守護,鎮西談義所奉行として活躍。南北朝内乱期には足利氏に属し,菊池氏などと戦って勢力を拡大,豊前,筑後にまで所領を有する守護大名に成長。戦国時代の義鎮 (→大友宗麟 ) のときは全盛期で,肥前の龍造寺氏,薩摩の島津氏と九州を3つに分けたが,天正6 (1578) 年島津氏と戦って大敗,以後ふるわなくなり,義統が文禄の役のとき卑怯なふるまいがあったとして,秀吉の怒りに触れ,除封された。子孫は徳川家に仕えて高家 (こうけ) となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

大友氏
 豊後[ぶんご]国の大名です。もともと、相模[さがみ]国の大友郷[おおともごう]を支配していたので、大友氏と名乗るようになりました。元寇[げんこう]の時に豊後にうつり、現在の大分市を拠点にします。一番領地が広かったのが、戦国時代の大友宗麟[おおともそうりん]の時で、九州北部を支配していましたが、島津[しまづ]氏との戦いに負け、豊後1国になってしまいます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおともうじ【大友氏】
中世九州の名族の一つ。京都の中級貴族出身で源頼朝につかえ,九州支配にも関与した中原親能の猶子能直にはじまる。能直は頼朝の側近の武士の一人で相模国大友郷を本拠とし,大友の苗字はそこからはじまる。能直のときから豊後守護に任じた可能性が強く,以後中世を通じてこの地位を世襲した。九州へ下向したのは3代頼泰(泰直)のときで,頼泰は鎮西談議所の奉行にも任じ,蒙古を博多に迎撃したときの指揮者の一人でもあった。なお頼泰のとき,鎮西奉行として武藤氏とともに九州を統轄したという説があるが,今のところ確定的ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大友氏
おおともうじ
鎌倉初期、相模国(さがみのくに)大友郷(神奈川県小田原市)より興る。初代能直(よしなお)の出自については諸説あり、源頼朝(みなもとのよりとも)の庶子といわれているが疑わしい。能直のとき豊後国(ぶんごのくに)(大分県)大野荘(おおののしょう)の地頭職(じとうしき)を与えられ、豊後守護にも補任(ぶにん)されて同国における大友一族の基盤を形成した。以後、代々これらの職を受け継ぐ。初めは鎌倉幕府の有力御家人(ごけにん)として相模にいたが、1274年(文永11)の文永の役のとき惣家(そうけ)も豊後に移り、先に移住していた庶家(志賀氏など)とともに勢力を拡大した。南北朝時代の動乱を経て室町時代には、豊後、豊前(ぶぜん)、筑後(ちくご)に及ぶ有力な守護大名、さらに19代義長(よしなが)、その子義鑑(よしあき)のときには戦国大名化して、21代義鎮(よししげ)(宗麟(そうりん))のとき、肥前(ひぜん)、肥後(ひご)、筑前(ちくぜん)に勢力を伸ばし最盛期を迎えた。1578年(天正6)日向(ひゅうが)耳川(みみかわ)で薩摩(さつま)の島津氏に敗れ、1587年豊臣秀吉(とよとみひでよし)の九州平定後、所領は豊後一国となる。その子義統(よしむね)(吉統)は文禄(ぶんろく)の役で失敗して秀吉の怒りに触れ、1593年(文禄2)豊後国を没収されて、初めは毛利輝元(もうりてるもと)、のちに佐竹義宣(さたけよしのぶ)に預けられた。江戸時代には義統の次子正照が松野と改姓し、肥後細川氏家臣となり3000石を得、正照の次子義孝は1688年(元禄1)高家(こうけ)となり、大友姓を継承した。[芥川龍男]
『芥川龍男著『戦国史叢書 豊後大友氏』(1972・新人物往来社) ▽渡辺澄夫著『大分の歴史3・4』(1977・大分合同新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大友氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大友氏の関連情報

他サービスで検索

「大友氏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.