Rakuten infoseek

辞書

大原【おおはら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大原
おおはら
千葉県南東部,いすみ市南部の旧町域。太平洋岸にある。 1899年町制施行。 1955年東海村,東村の2村および布施村,浪花村 (なみはなむら) の2村の一部が合体して成立。 2005年夷隅町,町と合体して,いすみ市となる。江戸時代からイワシ漁業が行なわれ,港湾設備も完備。近年はイセエビ,サザエ,タイなどの沿岸漁業が盛ん。木原線 (1988いすみ鉄道に転換) ,房総線 (1972JR外房線に改称) 開通とともに交通,商業の一中心地として発展した。海釣り場,海水浴場としても知られ,民宿や夏季の貸家も多い。付近には小浜城址や源頼朝挙兵の際の白旗台の史跡がある。「波切不動 (なみきりふどう) 」とも呼ばれる大聖寺 (だいしょうじ) の不動堂は国の重要文化財に指定されている。海岸部一帯は南房総国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原
おおはら
岡山県北東部,美作市北東部の旧町域。中国山地南斜面,吉井川最大の支流吉野川流域にある。 1922年町制。 1954年大吉村,大野村,讃甘 (さのも) 村の3村と合体。 2005年勝田町,東粟倉村,美作町,作東町,英田町と合体して美作市となった。中心地区の古町近世には因幡街道宿場町,代官所所在地として発展,吉野川沿いに古町,中町,下町の街村が成立した。付近では古くからウシの飼育が行なわれ大原牛,粟倉牛として出荷された。美濃早生大根や花卉を栽培。宮本宮本武蔵の生誕地といわれ,屋敷跡が残る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原
おおはら
おはら」ともいう。京都市左京区の一地区。旧村名。 1949年京都市に編入。市街地の北東方にあり,鴨川支流の高野川に沿う独立した小盆地をなす。若狭街道 (敦賀街道,国道 367号線) が南北に貫く。かつては静かな農山村で,京都へたきぎなどを売りに行く大原女で知られたが,現在は観光地としてにぎわっている。三千院寂光院がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおはら【大原】[地名]
京都市左京区の地名。比叡(ひえい)山の北西麓に位置し、三千院寂光院などがある。大原女(おはらめ)の風俗が残る。柴漬けの産地。おはら。
奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村小原(おはら)のこと。藤原鎌足生地と伝える。[歌枕]
「わが里に大雪降れり―の古(ふ)りにし里に降らまくは後(のち)」〈・一〇三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおはら【大原】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おはら【大原】
おおはら(大原)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおはら【大原】
京都市左京区北東部にあり,比叡山西麓を流れる高野川上流に位置する小盆地全体の呼称。本来は〈おはら〉といい,〈小原〉とも書いた。京都から北へ向かう若狭街道(現,国道367号線)が縦貫し,平安時代以来延暦寺にかかわる勝林院,来迎院,三千院などの名刹(めいさつ)が多く,八瀬,大原と併称された。保元・平治の乱の際の源為朝・義朝などのように,戦乱の時にここを通過することが多く,また出家隠棲(いんせい)の地としても著名

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おはら【大原】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおはら【大原】
岡山県北東部、美作みまさか市の地名。近世、因幡街道の宿場町。南東部の宮本は宮本武蔵の生地と伝える。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおはら【大原】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おはら【大原】
京都北部の地名。おおはら。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおはら おほはら【大原】
[一] 島根県東部にあった郡。雲南市の東半部に相当。「出雲風土記」によれば八郷を置く。
[二] 奈良県高市郡明日香村の小原(おはら)の古称。
※万葉(8C後)二・一〇三「わが里に大雪降れり大原(おほはら)の古りにし里に降らまくは後」
[三] 京都市左京区北部の地名。三千院、寂光院がある。平治の乱で敗れた源義朝が東国へ逃げる途中山僧に苦しめられた地。小原(おはら)
※俳諧・歌仙そろへ(1666)「院のまします御前の池 大原や小原の閑居哀にて 鍋のしはしはふすぼれる顔〈宗因〉」
[四] 千葉県東南部、太平洋に面する地名。大原港(小浜港)、海水浴場がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおはら おほはら【大原】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.