Rakuten infoseek

辞書

大勲位菊花章頸飾【ダイクンイキッカショウケイショク】

デジタル大辞泉

だいくんい‐きっかしょうけいしょく〔ダイクンヰキククワシヤウケイシヨク〕【大勲位菊花章×頸飾】
日本の最高勲章。明治21年(1888)大勲位菊花大綬章の上位のものとして、ヨーロッパの制度に倣い、制定された。大勲位菊花大綬章とともに、またはそれを有する人に対し、特に授与される。菊花章頸飾。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいくんいきっかしょうけいしょく【大勲位菊花章頸飾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

勲章・褒章がわかる事典

だいくんいきっかしょうけいしょく【大勲位菊花章頸飾】
日本の勲章の一つで、1888年(明治21)の勅令で制定された。1875年に制定された旭日章(きょくじつしょう)、翌1876年の大勲位菊花大綬章(だいくんいきっかだいじゅしょう)に続き、最高位の勲章として制定されたもので、以後今日に至るまで格も名称も変わっていない。頸飾とは頸飾(くびかざ)りを意味し、日本の勲章のなかで頸飾があるのはこれのみである。またすべてが金でつくられているのもこの勲章だけである。頸飾の連環に下がる正章の意匠(いしょう)は大勲位菊花大綬章とほぼ同じで、日章を中心に四方に延びる旭光(きょっこう)を四つの菊葉と菊花が囲んでいる。すでに大勲位菊花大綬章を授与された人のなかでさらに卓越した功績を成した人に授与されることから、発足以来受章者は少ない。天皇や皇族、また外国人への儀礼叙勲をのぞくと、山県有朋(やまがたありとも)、伊藤博文、大隈重信(おおくましげのぶ)、大山巌(いわお)、東郷平八郎ら13名しかおらず、うち生前に授与された人は6名である。戦後では、吉田茂と佐藤栄作の2名が没後に受章している。外国人への儀礼叙勲では、来日した皇族や国賓のうち、戦後は主として立憲君主制国の皇帝、国王、大公、首長らが対象となっている。◇英訳名はCollar of the Supreme Order of the Chrysanthemum。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大勲位菊花章頸飾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大勲位菊花章頸飾の関連情報

関連キーワード

チェーホフWilhelmウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナール

他サービスで検索

「大勲位菊花章頸飾」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.