Rakuten infoseek

辞書

大勲位菊花大綬章【ダイクンイキッカダイジュショウ】

デジタル大辞泉

だいくんい‐きっかだいじゅしょう〔ダイクンヰキククワダイジユシヤウ〕【大勲位菊花大×綬章】
大勲位に叙せられた人に授与される日本の勲章。明治10年(1877)制定された。頸飾(けいしょく)で正章をのど下に垂れ、副章を左胸につける。頸飾を着用しないときは、大綬を右肩から左脇に垂れて正章を掛け、副章を左胸につける。菊花大綬章

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいくんいきっかだいじゅしょう【大勲位菊花大綬章】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

勲章・褒章がわかる事典

だいくんいきっかだいじゅしょう【大勲位菊花大綬章】
日本の勲章の一つで、1876年(明治9)に制定された。前年の1875年に旭日章(きょくじつしょう)が制定されていたが、イギリスやスウェーデン、デンマークなど王室のある国では、普通勲章の上に最高勲章が設けられていたことに倣(なら)い制定された。次いで1888年に、さらに上の大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)が制定されたことにより、大勲位菊花大綬章はそれに次ぐ勲章となり、以後今日まで格も名称も変わっていない。正章の意匠(いしょう)は、日章を中心に四方に延びる旭光(きょっこう)を四つの菊葉と菊花が囲んでいる。受章者は、天皇や皇族をのぞくと、戦前は内閣総理大臣や参謀総長クラスが多く、戦後は内閣総理大臣に加え最高裁判所長官も受章している。外国人への儀礼叙勲は、来日した皇族や国賓を対象に、国家元首レベルに贈られている。◇英訳名はGrand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大勲位菊花大綬章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大勲位菊花大綬章の関連情報

他サービスで検索

「大勲位菊花大綬章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.