Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大勢【オオゼイ】

デジタル大辞泉

おお‐ぜい〔おほ‐〕【大勢】
多くの人。多人数。副詞的にも用いる。「大勢の出席者」「大勢で見学する」⇔小勢(こぜい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【大勢】
物事の一般的な傾向。大体の状況。「試合の大勢が決まる」「大勢に影響はない」
世のなりゆき。天下の形勢。「社会の大勢に従う」
大きな権勢。強い勢力。
「政府は必ず―大力を以て圧抑すべく」〈永峰秀樹訳・代議政体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐ぜい【大勢】
人数の多いこと。多数の人。おおぜい
「きんじょとなりの人々が、―かけつけ」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいせい【大勢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おお‐ぜい おほ‥【大勢】
〘名〙 たくさんの人。多人数。たいぜい。⇔小勢(こぜい)
※平家(13C前)四「心はたけく思へども、大勢のなかにとりこめられて、生け捕りにこそせられけれ」
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「仲間の蜂に怠るものあれば、大勢集りてこれを追ひ出す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【大勢】
〘名〙
① 大きな権勢があること。大きな威勢。
※太平記(14C後)一二「折伏者、現大勢忿怒形刑罰為宗」
※代議政体(1875‐79)〈永峰秀樹訳〉一「之を管治するの政府は必ず大勢大力を以て圧抑すべく」 〔晉書‐宣五王伝・平原王幹〕
② 大づかみにとらえた形勢。おおよそのありさま。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉鉄道国有「私し一人が賛成したからッて大勢(タイセイ)が駄目なもんなら迚も物になる気遣ひなし」 〔魏志‐劉放伝〕
③ 特に、世の中のなりゆき。天下の趨勢(すうせい)
※読史余論(1712)一「本朝天下の大勢九変して武家の代となり、武家の代又五変して当代に及ぶ総論の事」
④ 市場用語で、半年以上の相場の動き。→中勢

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐ぜい【大勢】
〘名〙 多くの人数。多人数。おおぜい。多勢。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)一「大勢(タイセイ)のほとけ、および断苦の法をもとめず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大勢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大勢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.