Rakuten infoseek

辞書

大動脈【だいどうみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大動脈
だいどうみゃく
aorta
体の各部に分布する,体循環系の動脈の根幹になる脈管をいう。左心室から起り,上行大動脈としてやや上方へ上ったのち左方に曲って,鉤状に後方へほぼ 180度屈曲して,大動脈弓を形づくって下行し,下行大動脈にいたる。下行大動脈の途中で冠状動脈,腕頭動脈,総・外・内頸動脈鎖骨下動脈,総・内腸骨動脈,大腿動脈などの分枝を出している。血管壁は内・中・外の3層から成り,弾力膜がある。大動脈のおもな疾患はアテローム性動脈硬化と動脈瘤である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐どうみゃく【大動脈】
心臓の左心室から全身に血液を送り出す動脈の本幹。上行大動脈大動脈弓下行大動脈に区分され、下行大動脈はさらに胸大動脈と腹大動脈とに分かれる。
重要な交通路。「東西日本を結ぶ大動脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

大動脈
 心臓の左心室から始まる太い動脈.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だいどうみゃく【大動脈】
心臓から全身に血液を送り出す体循環系の動脈の本幹。心臓を出ていったん上行したのち脊椎に沿って下行する。
転じて、重要な交通路。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大動脈
だいどうみゃく
心臓から全身に血液を送る大循環(体循環)の本幹をなす動脈で、直径2、3センチメートルという人体でもっとも太い動脈血管である。すなわち、左心室から出て胸腔(きょうくう)内を上行する上行大動脈、胸腔内で左気管支を乗り越えるようにして身体背側後方へ向きを変える大動脈弓、脊椎(せきつい)に沿って身体下方へ向かう下行大動脈の順に連なり、腰部で左右の総腸骨動脈に分かれるまでの太い動脈をさす。横隔膜から上を胸部大動脈、下を腹部大動脈とよぶ。
 大動脈壁は内膜、中膜、外膜の三層より構成されるが、中膜に弾力線維層をもち、心臓の収縮期に心臓から送られてきた血液を大動脈壁が伸展していったん内腔に蓄え、心臓の拡張期には収縮して身体の隅々まで血液が絶えず送られるように働いている。[木村和文]

大動脈から分枝する動脈

胸部大動脈の主要な分枝は、まず上行大動脈からは心筋に血液を供給する冠動脈、大動脈弓からは心臓に近い順に腕頭動脈(すぐに右総頸(けい)動脈、右鎖骨下動脈に分枝する)、左総頸動脈、左鎖骨下動脈である。総頸動脈は脳を含む頭部と頸部(頸部から上の身体各部)に血液を供給し、鎖骨下動脈はおもに上肢に、一部は脳にも血液を供給する。腹部大動脈の主要な分枝は上から順に、腹腔動脈(胃、肝臓、脾(ひ)臓、膵(すい)臓に血液を供給する)、上腸間膜動脈(小腸、大腸の一部に血液を供給する)、腎(じん)動脈、下腸間膜動脈(大腸の一部と直腸に血液を供給する)である。[木村和文]

大動脈のおもな疾患

先天的異常には大動脈縮窄(しゅくさく)症、動脈管(ボタロー管)開存症、大動脈騎乗などがあり、後天的なものには大動脈炎症候群、大動脈瘤(りゅう)、解離性大動脈瘤、アテローム性硬化症などがあげられる。これらの疾患の多くは、大動脈や主要な分枝動脈の形態や血管内腔の狭窄、ときには内壁の損傷をきたす。これらのスクリーニング検査として、造影剤を併用する造影CT法、核磁気共鳴を原理とするMRI・MRA法、超音波法などの侵襲の少ない方法が用いられる。診断を確実にするためには大動脈造影法が行われる。これは大腿(だいたい)動脈から血流と逆行性にカテーテル(ポリエチレンのチューブ)を目的とする病変部位へ進めていき、そこで造影剤を注入して連続的にX線写真を撮影し、大動脈内の血液の流れ方や大動脈の形状を診断する方法である。
 大動脈の疾患は、先天異常のように生後早期に症状の現れるものから、後天的に徐々に進行するものまでいろいろあって、発見が遅れることも少なくない。症状も疾患によって多様であるが、先天異常の場合は呼吸困難やチアノーゼ、後天的な疾患では胸痛や四肢の血管拍動の異常などがみられるので、疑わしい症状があれば早期に検査を行い、治療を開始する必要がある。[木村和文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐どうみゃく【大動脈】
〘名〙
① 心臓から全身に血液を送る体循環の本幹をなす太い動脈。ヒトでは直径二~三センチメートル。心臓の左心室から起こり、わずかに上行したのち、後下方へ弓状に曲がり、脊柱の左前を下り、第四腰椎の前に達する。大動脈の部位によって上行大動脈・大動脈弓・下行大動脈に区別される。〔解剖辞書(1875)〕
② 鉄道、道路などの交通路の大幹線。
※旅‐昭和九年(1934)一一月号・汽車時間の大改正「我国交通の大動脈(ダイドウミャク)ともいふべき東海道本線と山陽本線とが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大動脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大動脈の関連情報

他サービスで検索

「大動脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.