Rakuten infoseek

辞書

大利根用水【おおとねようすい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大利根用水
おおとねようすい
千葉県北東部,九十九里浜平野北部の農業用水路。 1936年千葉県三大開発事業の一つとして工費 21億円を投じ着工,51年に完成。水源利根川に求め,東庄町笹川を取水地点とし,両総台地トンネルで導水。田畑の灌漑面積は約 66.5km2に及び,九十九里浜平野の農業の発展に役立っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおとねようすい【大利根用水】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大利根用水
おおとねようすい
千葉県北東部、九十九里平野北半部の地域に引かれた農業用水。利根川下流の香取(かとり)郡東庄(とうのしょう)町笹川(ささがわ)に取水口を設け、動力揚水によって栗山(くりやま)川以北の農地約6300ヘクタールを灌漑(かんがい)する大規模な用水である。九十九里平野は海岸平野で数列の砂丘列が発達し、排水不良の湿田があると同時に、一方では灌漑水系に恵まれずに、絶えず水害と干害を引き起こしてきた。江戸中期に椿海干拓(つばきのうみかんたく)が行われ、干潟八万石(ひかたはちまんごく)の耕地が発生したが、排水用に掘られた新川の土砂の堆積(たいせき)が進み、豪雨のときは水田は冠水を余儀なくされた。大正末期に新川の改修工事がなされたが十分な効果をあげえず、その後の大干魃(かんばつ)を機に新たに利根川から引水することが考えられ、1940年(昭和15)に県営事業として着工。1951年(昭和26)に完成して安定した農業用水が供給され、耕地整理がなされて水稲生産力は高まり、九十九里平野の農業に多大の恩恵を与えた。[山村順次]
『栗原東洋著『大利根用水事業史』(1958・大利根用水史編纂委員会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

大利根用水
(千葉県旭市・匝瑳市ほか)
疏水百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大利根用水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大利根用水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.