Rakuten infoseek

辞書

大分臨海工業地域【おおいたりんかいこうぎょうちいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大分臨海工業地域
おおいたりんかいこうぎょうちいき
大分県中部,大分市の北部別府湾南岸に位置する工業地域。 1957年,大分鶴崎臨海工業地域の計画が立てられ,翌 58年から大野川,大分川間の浅海の埋立てが開始された。造成地は総面積約 1070万m2で,64年に杵築市別府市などとともに新産業都市地区に指定。火力発電所石油化学コンビナート製鉄の巨大工場 (1972操業開始) に加え,中小企業団地も配置されている。近年はエレクトロニクス関連企業が急成長し,IC関連の電気機器の生産が増加している。この工業地域の形成により,工業出荷額が急増し,都市化が進んで地域開発に役立った一方で,公害問題も起った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分臨海工業地域」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大分臨海工業地域の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.