Rakuten infoseek

辞書

大刀【ダイトウ】

デジタル大辞泉

だい‐とう〔‐タウ〕【大刀】
大きな刀。太刀(たち)。
武士が差した大小2本の刀のうち、大きいほうの刀。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たち【大刀】
長大な刀。横刀とも書く。〈たち〉は〈断ち〉の意味という。大刀,横刀は記紀の用字であって,小刀,刀子と書く〈かたな〉と対比して用いた。《日本書紀》天智天皇3年(664)2月条に〈大氏の氏上には大刀(たち)を賜う。小氏の氏上には小刀(かたな)を賜う〉とあるのは,その例である。しかし,一方では大刀と書いて〈つるぎ〉と読むこともあって,記紀では大刀と剣との形の区別は厳密でない。また,古墳時代から奈良時代までの,主として直刀に属するものを〈大刀〉と書き,平安時代以降の外反り(そとぞり)刀を〈太刀〉の文字であらわすのが習慣であるが,考古学用語としては,古墳時代の内反りの素環頭(そかんとう)大刀も,便宜上〈大刀〉と書いている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

だいとう【大刀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいとう【大刀】
大きな刀。太刀たち
大小二本の刀のうち、大きい方の刀。 ⇔ 小刀

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大刀
たち
古墳時代から平安時代中ごろまでの刀。『日本釈名(にほんしゃくみょう)』には、「たつなり、物をたちきるなり」とその語意を記しているが、太刀・横刀もたちといい、劔・剣もたちと読む場合がある。また「剣(つるぎ)太刀」のことばが古くからあり、厳密な区別には問題も残るが、一般的には平安中期ごろ鎬造湾刀(しのぎづくりわんとう)様式が完成する以前の直刀(ちょくとう)を「大刀」と記し、以降の外反刀(そとぞりかたな)(太刀)と区別している。両者は形態、携帯法、使用法を異にする。大刀は柄頭(つかがしら)の形で環頭(かんとう)大刀、頭椎(かぶつち)大刀、方頭(ほうとう)大刀、圭頭(けいとう)大刀、円頭大刀、鶏冠大刀などと名づけている。また刀装の様式から金銀鈿荘唐(でんそうから)大刀、金鈿荘唐様大刀、銅漆作(どうしつづくり)大刀、黒作(くろづくり)大刀などの名称が『東大寺献物帳』にみえている。現存例としては、7世紀(飛鳥(あすか)時代)制作の大阪・四天王寺蔵「丙子椒林剣(へいししょうりんけん)」「七星剣(しちせいけん)」、9世紀前期(平安前期)の茨城県鹿島(かしま)神宮神宝「霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」(以上国宝)が知られている。
 ちなみに「大刀」と記される直刀のうち、4世紀から7世紀ころまでのものは平造(ひらづくり)の扁刃(かたは)(片刃)で、7世紀以降新しく中国より伝えられた様式は切刃造(きりはづくり)大刀となる。[小笠原信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐とう ‥タウ【大刀】
〘名〙
① 刀の長大なもの。
※史記抄(1477)一〇「日本には一尺八寸と云て大刀に云たぞ」
② 打刀(うちがたな)の大きなもの。
③ 近世の武士佩用の大小二刀の小刀に対して、大きい方の刀の呼称。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉九六「大刀の目釘を霑し、遠くに様子を伺って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大刀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大刀の関連情報

他サービスで検索

「大刀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.