Rakuten infoseek

辞書

大内輝弘【おおうちてるひろ】

防府市歴史用語集

大内輝弘
 父親が大内義興[おおうちよしおき]の弟にあたりますが、父親と大内義興が不仲になり、豊後[ぶんご]の大友[おおとも]氏のところへ亡命していました。大内氏がほろびると、大友氏の力を借りて、山口に攻め込み、大内氏を再興しようとしますが、失敗し、防府の茶臼山[ちゃうすやま]で自害しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大内輝弘 おおうち-てるひろ
?-1569 戦国時代の武将。
大内政弘の孫。大内高弘の子。豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟(そうりん)の庇護をうける。大内家の再興をはかって永禄(えいろく)12年大友氏の数千の軍とともに周防(すおう)(山口県)に侵入したが,毛利軍に敗れ,10月25日佐波郡茶臼山で自刃(じじん)した。通称は太郎左衛門尉。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大内輝弘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大内輝弘の関連情報

他サービスで検索

「大内輝弘」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.