Rakuten infoseek

辞書

大内義長【おおうちよしなが】

防府市歴史用語集

大内義長
 大内[おおうち]氏最後の当主です。大内義隆[おおうちよしたか]の死後、陶晴賢[すえはるかた]によって、大友宗麟[おおともそうりん]の弟であり、義隆のおいにあたる晴英[はるひで]が大内家にむかえられ、義長と名乗りました。しかし、毛利[もうり]氏に攻めこまれ、下関市長府の長福寺[ちょうふくじ]で自害しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大内義長 おおうち-よしなが
1540-1557 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)9年生まれ。大友義鑑(よしあき)の子。大友宗麟(そうりん)の弟。大内義隆・義尊父子を殺した陶晴賢(すえ-はるかた)にむかえられ,天文21年大内氏の家督をつぐ。24年毛利元就(もとなり)軍と厳島でたたかい敗れる。弘治(こうじ)3年4月3日元就に攻められ長門(ながと)(山口県)長福寺で自刃(じじん)し,大内氏は滅びた。18歳。幼名は塩乙丸。名ははじめ晴英。通称は八郎。
【格言など】さそふとて何か恨みん時来ては嵐の外に花もこそ散れ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおうちよしなが【大内義長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大内義長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大内義長の関連情報

他サービスで検索

「大内義長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.