Rakuten infoseek

辞書

大内盛見【おおうちもりみ】

防府市歴史用語集

大内盛見
 大内義弘[おおうちよしひろ]の弟で、義弘の死後、兄弟で後継争いがありましたが、戦いに勝利し、大内家の当主になります。防府天満宮には大内盛見がおさめたよろいが残っています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大内盛見 おおうち-もりみ
1377-1431 室町時代の武将。
永和3=天授3年生まれ。大内弘世の子。弟の弘茂を討って周防(すおう),長門(ながと)の守護に任じられ,のち豊前(ぶぜん),筑前(ちくぜん)の守護をかねる。儒学詩文をよくし,五山禅僧との交流など文化的役割もはたした。永享3年少弐(しょうに)氏とたたかい,6月28日筑前深江(福岡県)で討ち死にした。55歳。幼名六郎。号は道雄,のち徳雄。名は「もりはる」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおうちもりみ【大内盛見】
1377‐1431(天授3∥永和3‐永享3)
室町中期の武将。幼名六郎。応永の乱(1399)で兄義弘の敗死後,戦後処理として幕府は下った弟弘茂に周防,長門を安堵し,留守を守る盛見を追討させた。しかし1401年(応永8)長門府中に弘茂を敗死させ,翌々年安芸,石見に進出すると,幕府も家督を容認して防長を安堵しさらに豊前,筑前を与え九州経営をゆだねた。その後九州の安定に努めたが,少弐氏と筑前深江に戦い敗死。【加藤 益幹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大内盛見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大内盛見の関連情報

他サービスで検索

「大内盛見」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.