Rakuten infoseek

辞書

大内兵衛【おおうちひょうえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大内兵衛
おおうちひょうえ
[生]1888.8.29. 淡路島
[没]1980.5.1. 鎌倉
経済学者,財政学者。マルクス経済学の労農派グループの筆頭。 1913年東京大学法科大学経済科卒業。大蔵省勤務後,18年母校の講師を経て,翌年経済学部助教授となり,財政学講座を担当。 20年森戸事件に連座し,大学を追われた。 21年ドイツへ留学,22年母校に復職し,翌年帰国とともに教授となる。講義テキストとして出版した『財政学大綱』 (1930~31) は当時の学会主流をなしたドイツ社会政策学派に対し,イギリスの古典学派の財政学を徹底させたものとして評価されている。 38年いわゆる人民戦線事件教授グループの一人として起訴され,大学を再び追われる。 45年また母校に復職し,49年停年退官。 50~59年法政大学総長。この間 47年内閣統計委員会委員長,社会保障制度審議会会長などに就任。また日本学士院会員,大原社会問題研究所顧問,美濃部革新都政をつくる会の会長などをつとめた。ほかに『日本財政論』 (32) ,『明治財政経済史文献解題』 (33) など訳書多数。『大内兵衛著作集』 (12巻) が刊行されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおうち‐ひょうえ〔おほうちヒヤウヱ〕【大内兵衛】
[1888~1980]経済学者。兵庫の生まれ。東大教授。のちに法政大学総長。マルクス(主義)経済学立場で、日本経済学の形成に寄与。その門下からは多くの学者が輩出した。著「財政学大綱」「経済学五十年」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大内兵衛 おおうち-ひょうえ
1888-1980 大正-昭和時代の経済学者。
明治21年8月29日生まれ。大蔵省勤務ののち,大正8年東京帝大助教授となるが,翌年森戸事件で辞職。11年復職し,教授として,マルクス主義の立場で財政学を講じた。昭和13年人民戦線事件で検挙。戦後,東京帝大に復帰し,25年法大総長となる。革新勢力の理論的指導者でもあった。昭和55年5月1日死去。91歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「財政学大綱」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおうちひょうえ【大内兵衛】
1888‐1980(明治21‐昭和55)
経済学者,財政学者。兵庫県淡路島に生まれ,1913年東大法科大学経済学科卒。49年定年まで東大で財政学を講じ,科学的な財政学を確立した。その間1920年森戸事件にまきこまれたり,38年教授グループ事件(人民戦線事件)で検挙されたりして多難であったが,多くの学者を育て日本のマルクス経済学の一大山脈を形成した。東大退官後法政大学総長(1950‐59)を務め,また統計制度や社会保障制度の整備のために尽力し,他方憲法擁護の運動に活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおうちひょうえ【大内兵衛】
1888~1980 経済学者。兵庫県生まれ。東大教授。日本マルクス経済学の一大山脈を形成した。向坂逸郎とともに社会党左派の理論的指導者。主著「財政学大綱」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大内兵衛
おおうちひょうえ
(1888―1980)
経済学者。明治21年8月29日兵庫県淡路島に生まれる。1913年(大正2)東京帝国大学法科大学経済学科卒業。大蔵省を経て19年東京帝国大学経済学部助教授となり財政学を担当。20年1月森戸事件に連座して退職。21年ドイツに私費留学、留学中の22年特赦により東大復職、23年帰国とともに教授として財政学第二講座を担当。この講義テキストとして30年(昭和5)に出版した『財政学大綱』は、当時学界の主流であった社会政策学派に対し、科学的社会主義の立場からの財政学を初めて体系化したものである。38年人民戦線事件の「教授グループ」の一員として検挙され、東大休職、45年(昭和20)敗戦により東大復帰、49年定年退官。この間、多数の著述を出版、また門下に幾多の学者を輩出した。退官後は法政大学総長、社会保障制度審議会会長などの要職を歴任、また晩年は、マルクス主義の立場にたつ論文の発表を通じ、社会主義運動への影響力も大きかった。昭和55年5月1日。主要著書には『財政学大綱』のほか、『日本財政論 公債篇(へん)』(1932)、『明治財政経済史文献解題』(1933)、『日本インフレーションの研究』(共著・1946)などがあり、A・スミスの『諸国民の富』、エンゲルスの『空想より科学へ』などの翻訳もある。[御園生等]
『『大内兵衛著作集』全12巻(1974~75・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおうち‐ひょうえ【大内兵衛】
経済学者。兵庫県に生まれる。東大教授。退職後、法政大学総長。マルクス主義者として社会主義運動に大きな影響力を持っていた。著書に「財政学大綱」「日本財政論公債篇」など。明治二一~昭和五五年(一八八八‐一九八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大内兵衛
おおうちひょうえ
1888〜1980
財政学者
兵庫県の生まれ。1919年東大助教授。森戸事件で退官し,ヨーロッパに留学。'23年帰国後,復職し教授となる。労農派の重鎮として活躍したが,日中戦争中の'38年人民戦線事件で検挙され休職。第二次世界大戦後,大学に復帰し,のち法政大総長に就任。東大・法政大名誉教授。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大内兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大内兵衛の関連情報

関連キーワード

チェーホフウィルヘルムウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.