Rakuten infoseek

辞書

大作【タイサク】

デジタル大辞泉

たい‐さく【大作】
規模の大きい作品。また、すぐれた作品。傑作。「大作にとりくむ」「話題の大作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいさく【大作】
大規模な作品。大きな作品。
すぐれた作品。傑作。 -を物する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐づくり おほ‥【大作】
〘名〙
① 多くの土地を耕作すること。
※史記抄(1477)一六「千余頃(けい)を受て作らば、いかめい大作りぞ」
② 刺身などを厚目に大きくつくること。また、その刺身。
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)二幕「昨夜ちっと呑み過ぎたから、大作りで一杯やる気さ」
③ 体型や目鼻立ちが目立って大きいこと。大柄(おおがら)。⇔小作り
④ 菊花の作り方の一種。一木(いちぼく)から数百輪を咲かせるもの。〔東京年中行事(1911)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐さく【大作】
〘名〙 大規模な作品。大きな制作。また、すぐれた立派な作品。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉六「雄大卓落たる技倆を揮灑し、絶代の大作曠世の傑品を新創せんとするか」 〔易経‐益卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.