Rakuten infoseek

辞書

大佐渡山地【おおさどさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大佐渡山地
おおさどさんち
新潟県西部,佐渡島の北西半部を占める地塁山地国中平野を中心に小佐渡丘陵と対しており,尾根の方向は北北東から南南西に延び,山体は粗面岩質安山岩からなる。島の最高峰金北山(1172m)や妙見山(1042m)を中心とする壮年期山地で,起伏が激しい。西岸外海府海岸には海岸段丘が発達し,北東岸の内海府海岸には断層海岸がみられる。南麓に位置する佐渡市金井地区から相川地区まで大佐渡スカイラインが通じ,佐渡弥彦米山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおさどさんち【大佐渡山地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大佐渡山地
おおさどさんち
新潟県佐渡島の北半を占める地塁山地。山体は第三紀層の安山岩類から構成され、最高峰の金北(きんぽく)山(1172メートル)は山地の中央にそびえる名山で、島民の信仰の霊峰をなす。いまは頂上は自衛隊のレーダー基地になっている。南半の尾根筋には大佐渡スカイラインが走り、島の展望台として観光バスの便がある。また妙見(みょうけん)山(1042メートル)頂付近の白雲台からの展望もすばらしい。北部山麓(さんろく)海岸は外海府海岸(そとかいふかいがん)とよばれる雄大な海岸景勝地で、国の名勝に指定され、佐渡弥彦米山国定公園(さどやひこよねやまこくていこうえん)に含まれている。北端鷲崎(わしざき)から両津(りょうつ)港までの海岸は内海府海岸(うちかいふかいがん)とよばれ、純漁村集落が並ぶ。金北山の北にあるドンデン山は高原キャンプ場として名高い。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大佐渡山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大佐渡山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.