Rakuten infoseek

辞書

大伴弟麻呂【おおともの おとまろ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大伴弟麻呂 おおともの-おとまろ
731-809 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう),武人。
天平(てんぴょう)3年生まれ。大伴古慈斐(こしび)の子。衛門佐(えもんのすけ),征東副将軍などをへて,延暦(えんりゃく)10年征東大使。13年征夷大将軍となり,副将軍坂上(さかのうえの)田村麻呂に蝦夷(えみし)を討たせ,その功績によって従三位,勲二等をさずけられた。大同(だいどう)4年5月28日死去。79歳。名は乙麻呂ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおとものおとまろ【大伴弟麻呂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大伴弟麻呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大伴弟麻呂の関連情報

関連キーワード

ハールーン・アッラシードハールーンアッラシード高志内親王ハールーン・アッラシードハルンアッラシード嵯峨天皇嵯峨天皇平城天皇雅楽寮

他サービスで検索

「大伴弟麻呂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.