Rakuten infoseek

辞書

大仏次郎【オサラギジロウ】

デジタル大辞泉

おさらぎ‐じろう〔‐ジラウ〕【大仏次郎】
[1897~1973]小説家。神奈川の生まれ。本名、野尻清彦。「鞍馬天狗」で大衆作家として認められる。著「赤穂浪士」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」など。文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大仏次郎 おさらぎ-じろう
1897-1973 大正-昭和時代の小説家。
明治30年10月9日生まれ。野尻抱影の弟。はじめ外務省につとめる。大正13年からの「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」の連作でみとめられ,「赤穂(あこう)浪士」で大衆文学のイメージをかえた。昭和25年「帰郷」で芸術院賞。「パリ燃ゆ」,絶筆「天皇の世紀」などの史伝ものこした。芸術院会員。39年文化勲章。44年菊池寛賞。昭和48年4月30日死去。75歳。神奈川県出身。東京帝大卒。本名は野尻清彦。
格言など】死は救いと言いながら,そうは悟りきれぬものである(「砂の上に」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おさらぎじろう【大仏次郎】
1897‐1973(明治30‐昭和48)
小説家。横浜生れ。本名野尻清彦。英文学者の野尻抱影は長兄。東京帝大法学部政治学科卒業。1917年,高校在学中に《一高ロマンス》を出版,大学卒業前後にロマン・ロランの反戦文学作品を3冊翻訳出版するなど,青年時代から文学活動を始めた。関東大震災を契機として勤務先の外務省を退いて作家生活に入り,24年に大衆文芸誌《ポケット》に連載を始めた《鞍馬天狗》によって認められた。このあと,《照る日くもる日》(1926‐27),《赤穂浪士》(1927‐28),《ごろつき船》などの新聞小説が続いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おさらぎじろう【大仏次郎】
1897~1973) 小説家。横浜生まれ。本名、野尻清彦。東大卒。随筆家野尻抱影の弟。大衆小説を知識人の読み物に高めた。作「鞍馬天狗」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大仏次郎
おさらぎじろう
(1897―1973)
小説家。明治30年10月9日横浜生まれ。本名野尻(のじり)清彦。長兄に野尻抱影(ほうえい)がいる。東京府立第一中学校から旧制第一高等学校を経て東京帝国大学政治学科に学ぶ。大正デモクラシーの洗礼を受け、それ以後リベラルな立場をとる。一高在学中に『一高ロマンス』(1917)を出版。大学卒業後、外務省条約局に勤めたが、関東大震災を機に文筆に専念。鎌倉、長谷(はせ)大仏裏に住んでいたため大仏の筆名を用いる。1924年(大正13)『鬼面の老女』を皮切りに『鞍馬天狗(くらまてんぐ)』の連作を執筆、26年に初めての新聞小説である『照る日くもる日』を『大阪朝日新聞』に連載、27~28年(昭和2~3)『東京日日新聞』に執筆した『赤穂浪士(あこうろうし)』で大衆文壇の花形となった。時代物に『由比(ゆい)正雪』(1930)、『乞食(こじき)大将』(1944~46)などがある。31年に東京・大阪の両『朝日新聞』に連載した『白い姉』以後、風俗小説の分野でも活躍。『霧笛』(1933)など開化物を経て第二次世界大戦後の『帰郷』(1948。芸術院賞)に大成された。またフランス第三共和政下の政治的諸事件を扱った『ドレフュス事件』(1930)、『ブゥランジェ将軍の悲劇』(1935)、『パナマ事件』(1960)や、パリ・コミューンを描いた『パリ燃ゆ』(1961~63)があり、幕末から明治へかけての変革を実証的にとらえた『天皇の世紀』(1967~73。未完)も優れた業績である。児童文学、戯曲、随想なども多く、市民的良識を感じさせる。60年(昭和35)芸術院会員。64年文化勲章受章。昭和48年4月30日没。横浜に大仏次郎記念館がある。なお、没後、優れた著作に与えられる大仏次郎賞が設けられた(1973創設、翌年第1回)。[尾崎秀樹]
『『大仏次郎自選集 現代小説』全11巻(1972~73・朝日新聞社) ▽『大仏次郎随筆全集』全三巻(1973~74・朝日新聞社) ▽『大仏次郎時代小説全集』全24巻(1975~77・朝日新聞社) ▽『大仏次郎戯曲全集』全一巻(1977・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おさらぎ‐じろう【大仏次郎】
小説家。本名野尻清彦。横浜市出身。東京帝国大学卒。大衆文学の向上につとめ、知識層を含め幅広い支持をうけた。文化勲章受章。代表作に「鞍馬天狗」「赤穂浪士」「帰郷」など。明治三〇~昭和四八年(一八九七‐一九七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大仏次郎の関連情報

関連キーワード

秋山清神代辰巳沢渡朔レービット[各個指定]芸能部門ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約長田弘オーツ深作欣二

他サービスで検索

「大仏次郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.