Rakuten infoseek

辞書

大仏様【だいぶつよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大仏様
だいぶつよう
鎌倉時代初期,東大寺再建にあたり,僧重源 (ちょうげん) が輸入した建築様式。以前は天竺様とも呼ばれた。禅宗様建築が北宋系なのに対し,これは浙江,江蘇省あたりで行われていたものが基本になっている。東大寺大仏殿 (鎌倉,江戸時代に再建) ,東福寺大仏殿,方広寺大仏殿 (京都) などに用いられたのでこの名がある。 (ぬき) や太い虹梁を多用した豪放な構架法にその特色があり,挿肘木皿斗付の,大仏様木鼻 (きばな) などの細部和様,禅宗様にみられないものである。浄土寺浄土堂 (兵庫) ,東大寺南大門が代表的遺構。禅宗様や和様のような複雑な造作がない架構の力強さと経済性はあったが,おそらくは装飾的なふくらみに欠けるのが短所となって,あまり広まらずに終った。ただ,手法そのものはさまざまな形で部分的に吸収され残存した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいぶつ‐よう〔‐ヤウ〕【大仏様】
鎌倉初期の建築様式。僧重源(ちょうげん)東大寺再建にあたり中国宋の様式を取り入れたもの。指肘木(さしひじき)天井に化粧屋根、用木には彩色を施すのが特徴。東大寺南大門や浄土寺浄土堂などがその代表。天竺様(てんじくよう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいぶつよう【大仏様】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいぶつよう【大仏様】
鎌倉初期に東大寺再建のため俊乗坊重源が宋の様式を取り入れて始めた寺院建築様式。指肘木さしひじき・貫ぬき・化粧屋根裏・扇垂木などを主な特徴とする。兵庫県小野の浄土堂、東大寺南大門はその代表例。天竺様てんじくよう。 → 寺院建築

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいぶつ‐よう ‥ヤウ【大仏様】
〘名〙 鎌倉初期、僧重源によって東大寺再建に採用された宋(主として南宋)の建築様式。東大寺南大門がその代表的遺構。その後、東福寺大仏殿、方広寺大仏殿などに用いられたところからいう。天竺様。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大仏様
だいぶつよう
鎌倉初期,南宋より伝えられた建築様式
和様・禅宗様に対する語。重源 (ちようげん) が東大寺再建のため入宋して学んだもので,その手法は軽快で簡素な力強さを感じさせる。差肘木 (さしひじき) (柱に肘木をさし込む)を用いる。東大寺南大門はその代表的遺構。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大仏様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.