Rakuten infoseek

辞書

大乗院寺社雑事記【だいじょういんじしゃぞうじき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大乗院寺社雑事記
だいじょういんじしゃぞうじき
興福寺の大乗院の門主尋尊 (1430~1508) ,政覚 (1453~94) ,経尋 (1498~1526) の3代にわたる公式の日記類。約 190冊。宝徳2 (1450) ~大永7 (1527) 年まであり,興福寺春日社の諸行事,興福寺中最も有力であった大乗院領諸荘園のこと,大和の衆徒,国民ら下級の人々の動向や畿内の武士同士の衝突など,記事が豊富である。尋尊の前の門主経覚 (1395~1473) にも日記類があるが,一般には『経覚私要鈔』と呼び,『大乗院寺社雑事記』には含めない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいじょういん‐じしゃぞうじき〔ダイジヨウヰンジシヤザフジキ〕【大乗院寺社雑事記】
大乗院の第19世門跡である尋尊の日記。宝徳2年(1450)から永正5年(1508)に至る。応仁の乱前後の政治・経済・社会を知る上での重要史料。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいじょういんじしゃぞうじき【大乗院寺社雑事記】
興福寺大乗院第19世門跡尋尊(じんそん)の日記。その自筆本が,《寺務方諸廻請》12冊,《大乗院寺社雑事記》167冊,《尋尊大僧正記》20冊に分かたれ,内閣文庫に所蔵されている。なお《安位寺殿御自記第五十二》として《経覚私要鈔》に混入されている1冊(長禄3年11~12月)も尋尊の日記である。日次記は,1450年(宝徳2)1月1日から1508年(永正5)1月17日まで約60年間の長きにわたっている。日次記のほかに,長禄四年若宮祭田楽頭記(第8冊),寛正五年河原勧進猿楽記(第23冊),寛正五年若宮祭礼馬長頭方(第27冊),文明三年慈恩会記(第48冊),文明七年維摩会講師方条々(第62冊),文明十三年東大寺別当職事条々(第78冊),文明十五年印鎰舁之中綱問答記(第86冊),文明十七年能登岩井両河用水相論条々(第98冊),長享二年東山殿御庭木方(第119冊),永正元・三年諸引違引付(第169冊)などの別記が含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいじょういんじしゃぞうじき【大乗院寺社雑事記】
大乗院門主の尋尊の日記。興福寺・春日社の関係を中心に、応仁の乱前後の中世社会動乱期の様相を活写する。当時の政治・社会研究の重要資料。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大乗院寺社雑事記
だいじょういんじしゃぞうじき
奈良興福(こうふく)寺大乗院第19世門跡(もんぜき)尋尊(じんそん)の日記。自筆本が『寺務方諸廻請(じむかたしょかいじょう)』12冊、『大乗院寺社雑事記』167冊、『尋尊大僧正記(だいそうじょうき)』20冊に分かたれ、国立公文書館に所蔵されている。『安位寺殿御自記(あんいじどのごじき)』52冊も尋尊の日記である。日次記(ひなみき)は1450年(宝徳2)から1508年(永正5)にわたる。このほか別記として、長禄(ちょうろく)4年(1460)若宮祭田楽頭記(わかみやさいでんがくとうき)、寛正(かんしょう)5年(1464)河原勧進猿楽記(かわらかんじんさるがくき)、文明(ぶんめい)3年(1471)慈恩会記(じおんえき)などが含まれている。内容は、興福寺の寺務、寺領支配などのほか、応仁(おうにん)の乱前後の幕府・守護大名・公家(くげ)の動向、国人・土一揆(どいっき)など在地勢力の動きにまで及び、室町中・末期の重要史料である。刊本『大乗院寺社雑事記』(12冊)がある。[小泉宜右]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいじょういんじしゃぞうじき ‥ヰンジシャザフジキ【大乗院寺社雑事記】
室町時代の日記。一八四冊。興福寺大乗院門跡尋尊(興福寺第一八〇代別当)の日記。宝徳二年(一四五〇)から永正五年(一五〇八)に至る間の、興福寺・春日神社関係の諸事実を記録する。応仁・文明の大乱、下剋上の世相などを克明に描き、史料価値は大きい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大乗院寺社雑事記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大乗院寺社雑事記の関連情報

関連キーワード

ハーフィズ・イ・アブルービータウタス中世ヨーロッパの音楽ムルチャー聞書金春・今春脇・腋・掖宙に浮いた年金記録

他サービスで検索

「大乗院寺社雑事記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.