Rakuten infoseek

辞書

大乗法苑義林章【だいじょうほうおんぎりんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大乗法苑義林章
だいじょうほうおんぎりんじょう
Da-cheng fa-yuan yi-lin-zhang
中国,唐の窺基の著。7巻。唯識教学の組織を明らかにした書で,慈恩大師窺の最も意を用いたもの。内容は 29門から成り,唯識研究者の最も珍重すべきものとして有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいじょうほうおんぎりんじょう〔ダイジヨウホフヲンギリンジヤウ〕【大乗法苑義林章】
中国唐代の仏教書。7巻。窺基(きき)著。成立年未詳。唯識(ゆいしき)宗の教学を体系づけて説いたもの。義林章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大乗法苑義林章
だいじょうほうおんぎりんしょう
仏教書。中国法相(ほっそう)宗初祖基(き)(窺基(きき)、632―682)の著作。略して『法苑義林章』『義林章』『法苑』ともいう。唯識(ゆいしき)教学における主要な問題を29章に分かって解説したもの。同じ著者による『成唯識論述記(じょうゆいしきろんじゅつき)』(『述記』と略)が『成唯識論』を祖述した注釈であるのに対し、本書は唯識法相の教学を独自に組織体系づけた著作として名高い。『述記』と本書とによって法相宗の教学が成立したとみなされており、その点で重要である。[袴谷憲昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいじょうほうおんぎりんじょう ‥ホフヲンギリンジャウ【大乗法苑義林章】
中国、唐代の仏教書。七巻または一四巻。法相宗始祖とされる慈恩大師窺基(きき)の著。主に瑜伽(ゆが)論によりながら、法相唯識の教学をまとめたもの。唯識研究者に尊重されてきた。義林章。義林。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大乗法苑義林章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大乗法苑義林章の関連情報

他サービスで検索

「大乗法苑義林章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.