Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

大中臣能宣【おおなかとみのよしのぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大中臣能宣
おおなかとみのよしのぶ
[生]延喜21(921)
[没]正暦2(991)
平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人。父頼基 (よりもと) ,子輔親 (すけちか) ,孫伊勢大輔 (いせのたいふ) もともにすぐれた歌人であった。正四位下,伊勢の祭主にいたる。天暦5 (951) 年「梨壺の五人」に選ばれ,『後撰和歌集』の撰集と『万葉集』の古点に従事。歌合の出詠,屏風詠進も数多く,冷泉,円融両天皇の大嘗会 (だいじょうえ) の風俗歌を献上している。『拾遺集』以下の勅撰集に 120首近く入集,家集『能宣集』は『三十六人集』の一つ。平兼盛 (かねもり) ,清原元輔 (もとすけ) ,源順 (したごう) らと交渉があり,当時の代表的歌人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおなかとみ‐の‐よしのぶ〔おほなかとみ‐〕【大中臣能宣】
[921~991]平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。梨壺(なしつぼ)の五人の一人として後撰集撰進。歌は拾遺集後拾遺集などに収載。家集に「能宣集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大中臣能宣 おおなかとみの-よしのぶ
921-991 平安時代中期の神職,歌人。
延喜(えんぎ)21年生まれ。大中臣頼基(よりもと)の子。大中臣輔親(すけちか)の父。天禄(てんろく)3年伊勢神宮祭主となる。のち正四位下。三十六歌仙のひとりで,「後撰(ごせん)和歌集」の撰者をつとめた。「拾遺和歌集」などにおおくの和歌をのこす。正暦(しょうりゃく)2年8月死去。71歳。家集に「能宣集」。
格言など】御垣守(みかきもり)衛士(ゑじ)のたく火の夜は燃え昼は消えつつ物をこそ思へ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおなかとみのよしのぶ【大中臣能宣】
921‐991(延喜21‐正暦2)
平安中期の歌人。伊勢祭主頼基の子,輔親(すけちか)の父。蔵人,讃岐権掾を経て神祇官に勤務し,祭主正四位下神祇大副にいたる。若年より作歌し,951年(天暦5)〈梨壺の五人〉に選ばれて《万葉集》の訓読と《後撰集》の編纂に従事。冷泉・円融両朝の大嘗祭に風俗(ふぞく)歌を詠進し,《天徳四年内裏歌合》《寛和二年内裏歌合》に出詠,権門のために多数の賀歌や屛風歌を制作した。《拾遺集》以下の勅撰集に125首入集。家集《能宣集》を残す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大中臣能宣
おおなかとみのよしのぶ
(921―991)

平安中期の宮廷歌人。三十六歌仙の一人。頼基(よりもと)の男、輔親(すけちか)の父。祭主、神祇大副(じんぎたいふ)となる。951年(天暦5)、31歳のとき、梨壺(なしつぼ)の五人の一人に選ばれ、『万葉集』訓点、『後撰集(ごせんしゅう)』撰集作業に従った。「天徳(てんとく)四年内裏歌合(だいりうたあわせ)」(960)をはじめ、「円融院(えんゆういん)・資子(しし)内親王乱碁(らんご)歌合」「左大臣頼忠(よりただ)前栽合(せんざいあわせ)」「寛和(かんわ)二年内裏歌合」「皇太后詮子瞿麦合(せんしなでしこあわせ)」などに出詠、冷泉(れいぜい)、円融天皇の大嘗会(だいじょうえ)歌を詠進し、円融、花山(かざん)の両天皇から二度にわたり「家集」を召された。実頼(さねより)、兼通(かねみち)、兼家など権門の求めに応じ、屏風歌(びょうぶうた)、行事和歌の専門歌人として清原元輔(もとすけ)と双璧(そうへき)をうたわれたが、敦実(あつみ)親王家の子日(ねのひ)の歌のできばえを誇って父頼基にたしなめられた話(『袋草紙』)は、大中臣家の歌道相承の厳しさを象徴している。『拾遺集』以下の勅撰集に124首入集(にっしゅう)。

[後藤祥子]

 ちとせまでかぎれる松も今日よりは君にひかれてよろづ代や経む

『山口博著『王朝歌壇の研究 村上・冷泉・円融朝篇』(1967・桜楓社)』『保坂都著『大中臣家の歌人群』(1972・武蔵野書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおなかとみ‐の‐よしのぶ【大中臣能宣】
平安中期の歌人。梨壺(なしつぼ)の五人および三十六歌仙の一人。伊勢大神宮祭主。村上天皇の命により、源順(みなもとのしたごう)、清原元輔(きよはらのもとすけ)らと共に「後撰和歌集」を撰(えら)ぶ。歌は「拾遺集」「後拾遺集」「詞花集」などにみえる。家集「能宣集」。延喜二一~正暦二年(九二一‐九九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大中臣能宣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大中臣能宣の関連情報

関連キーワード

神戸市長田区の被害中部国際空港安倍晴明交替式斉子内親王(2)安倍晴明英子内親王慶頼王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.