Rakuten infoseek

辞書

夢現【ユメウツツ】

デジタル大辞泉

ゆめ‐うつつ【夢現】
夢と現実。
夢とも現実とも区別がつかない状態。また、ぼんやりしている状態。「夢現で話を聞く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆめ‐うつつ【夢現】
〘名〙
① 夢と現実。夢または現実。
※伊勢物語(10C前)六九「かきくらす心の闇にまどひにきゆめうつつとは今宵定めよ」
② 夢なのか現実なのか自分自身ではっきり判断できない状態。きわめておぼろげな様子。
※源氏(1001‐14頃)明石「君はおぼしまはすに、ゆめうつつさまざま静かならず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢現」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夢現の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.