Rakuten infoseek

辞書

夢中【ムチュウ】

デジタル大辞泉

む‐ちゅう【夢中】
[名・形動]
物事に熱中して我を忘れること。また、そのさま。「夢中で本を読む」「競馬に夢中になる」「無我夢中
夢を見ている間。夢の中。
「多数は猶安眠の―にあり」〈独歩・愛弟通信〉
正気を失うこと。また、そのさま。
「余りの嬉しさに…―な程でした」〈若松訳・小公子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むちゅう【夢中】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
夢の中。夢を見ている間。夢裡むり。 「 -に音を聞く」
一つの物事に心を奪われて我を忘れる・こと(さま)。 「無我-」 「テレビに-になる」 「火勢に追われて-で逃げる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐ちゅう【夢中】
〘名〙
① 夢を見ている間。夢の中。
※文華秀麗集(818)上・早春別阿州伴掾赴任〈紀末守〉「欲識我魂随子去、羈亭夜夜夢中看」 〔列子‐周穆王〕
② 意識を失うこと。自覚を失うこと。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)二「残らず夢中(ムチウ)になって、かしら髪一筋もなく」
③ (形動) 知らないこと。わからないこと。また、そのさま。
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「付句などいふもののありとは、一向夢中にて居る輩もありと見ゆ」
④ (形動) ある事をするのに熱中して我を忘れること。物事に心を集中すること。また、そのさま。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉糸犬一郎「夢中(ムチウ)に為って飛び立ちました」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夢中の関連情報

他サービスで検索

「夢中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.