Rakuten infoseek

辞書

夜なべ【よなべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夜なべ
よなべ
夜間に行う作業。夜,鍋で夜食をつくりつつ仕事をしたところから生れた言葉。夜なべ仕事には粉ひき,糸ひき,苧績 (おう) み,編み,草履作り,ないなどのわら仕事や,漁村ではの繕いなど多種多様であった。夜なべの期間は,秋彼岸から春彼岸までの夜長のときが多いが,共同で行う場合は若者宿娘宿があてられたり,また毎晩場所を変えたりした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よなべ【夜なべ】
夜間に家事を行うこと。ナベとは,夜食用の鍋にちなむといわれる。オナベユウナベなどともいうが,夜分の仕事という意味で夜割(よわり)と呼ぶ地方もある。江戸時代初期の慶安御触書に〈男は作をかせぎ,女房はおはたをかせぎ,夕なべを仕〉とあるように,農民の夜なべは古くからあったとみられる。農村の夜なべ仕事としては,もみすり,稲こき,わら仕事,糸繰り,苧績(おうみ)などが主で,電灯が普及する以前には,照明具として松脂(まつやに)の〈ひで〉や囲炉裏の火,あるいはランプが用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よなべ【夜なべ】
スル
夜間に仕事をすること。また、その仕事。夜業。夜仕事。 [季] 秋。 -しにとん〱あがる二階かな /森川暁水

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜なべ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜なべの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.