Rakuten infoseek

辞書

多角形【たかくけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多角形
たかくけい
polygon
平面上の相異なる 3個以上の有限個のと,それらを結ぶ線分(→直線)からなる,閉じた単純折れ線で囲まれた図形。ここで閉じた単純折れ線とは,異なる二つの線分が共通部分をもつとき,それは線分の端点のみであり,またどの点に対しても,それを端点の一つとする線分が 2本存在するものである。有限個の点を多角形の頂点,それらを結ぶ線分を多角形のと呼ぶ。n 本の辺をもつ多角形を n角形と呼ぶ。多角形のある頂点における内角とは,その頂点を端点とする 2辺がつくる角のうち多角形の内部にある方をいう。すべての内角が 180°よりも小さい多角形を凸多角形と呼ぶ。すべての辺の長さが等しく,またすべての内角が等しい多角形を正多角形と呼び,そのような n角形を正n角形と表す。一般に,n角形の内角の和は(n-2)×180°である。また,多角形の一辺とその隣の辺の延長がつくる角を外角と呼び,外角の和はどの多角形でも 360°である。コンピュータ・グラフィックスの分野では,図形を多角形に分割して近似することがなされており,これはポリゴンと称されることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかく‐けい【多角形】
三つ以上の線分で囲まれた平面図形。三角形四角形五角形などという。多辺形。たかっけい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかっ‐けい〔タカク‐〕【多角形】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかくけい【多角形 polygon】
平面上に異なるn個の点A1,A2,……,Anがあって,線分A1A2,A2A3,……,An-1An,AnA1のどの二つの交点もA1,A2,……,Anのいずれかであるとき,これらn個の線分の作る図形をn角形A1A2……An,またはn辺形A1A2……Anといい,A1,A2,……,Anをその頂点,A1A2,A2A3,……,An-1An,AnA1をその辺という。n角形(n≧3)を総称して多角形という。多角形は平面を二つの部分に分け,そのうちの一方は有限の広がりをもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかくけい【多角形】
たかっけいとも
三つ以上の線分で囲まれた平面図形。線分の数によって、三角形・四角形などという。多辺形。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかっけい【多角形】
たかくけい多角形

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

多角形
たかくけい
いくつかの線分で囲まれた平面図形をいう。その線分を多角形の辺といい、隣り合う線分の共通の端点を多角形の頂点という。多角形を多辺形ともいう。多角形の辺の個数がnのとき、頂点の個数もnで、このときn角形あるいはn辺形という。多角形の頂点を結ぶ線分で辺でないものを対角線というが、n角形の対角線はn(n-3)/2個ある。多角形の辺によって平面は多角形の内部と外部とに分けられるが、各頂点で二辺のなす角のうち内部にあるほうを多角形の内角という。n角形のn個の内角の和はその形にかかわらず180(n-2)度である。多角形のどの辺を延長しても多角形がその直線の一方の側にあるとき、凸(とつ)多角形という。凸多角形ではない多角形を凹(おう)多角形という。凸多角形ではn個の頂角のそれぞれの補角の和は一定で360度である。凹多角形で頂点において交互に凹凸ができている多角形を星形多角形という。多角形ですべての辺が等しい多角形を等辺多角形、すべての内角が等しい多角形を等角多角形という。等辺かつ等角である多角形が正多角形である。[柴田敏男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかく‐けい【多角形】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかっ‐けい タカク‥【多角形】
〘名〙
① 三本以上の線分によって囲まれた平面図形。三角形、四角形、五角形などの総称。どの内角も二直角より小さいものを凸多角形、内角の少なくとも一つが二直角より大きいものを凹多角形という。多辺形。
※教育学(1882)〈伊沢修二〉二「又等属の関係を有する種(三角形なれば四角形多角形)よりも区別し得べし」
② (形動) 転じて、多方面にわたること。複雑であること。また、そのさま。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「気沢山で、趣味の多角形なること夥しい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多角形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多角形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.