Rakuten infoseek

辞書

多胡辰敬家訓【たこときたかかくん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多胡辰敬家訓
たこときたかかくん
石見国岩山城主,多胡辰敬 (1494~1562) が若年武士のために,手習い学問諸芸礼儀作法,人間関係などについてみずからの体験から教えさとそうとした家訓書。全編 17条。天文 13 (44) 年頃成立。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多胡辰敬家訓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多胡辰敬家訓の関連情報

関連キーワード

イタリア戦争上杉定正フィレンツェ共和国ホルバイン(父子)アグリコラ上杉定正ギルランダイヨ斎藤道三ザックススレイマン一世

他サービスで検索

「多胡辰敬家訓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.