Rakuten infoseek

辞書

多聞院日記【たもんいんにっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多聞院日記
たもんいんにっき
奈良興福寺多聞院主の日記。 46巻。文明 10 (1478) ~元和3 (1617) 年の 139年間にわたる記録。著者は初めの部分は学賢房宗芸,妙喜院宗英で,大部分は学侶多聞院英俊によるものであり,著者不明の部分が混入している。戦国時代から江戸時代初期にいたる社会変革期の史料として貴重である。刊本は全5冊。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たもんいんにっき〔タモンヰンニツキ〕【多聞院日記】
興福寺多聞院の院主の長実房英俊ほかの日記。46冊。文明10年(1478)から元和4年(1618)に至る。戦国時代から近世初期の社会・文化を知る貴重な史料。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たもんいんにっき【多聞院日記】
戦国~江戸初期の興福寺多聞院院主の日記。長実房英俊の日記を中心としている。1478‐1618年(文明10‐元和4)の記事を載せる。多聞院日記のは,近世初頭より同寺大乗院において英俊の日記ほかを書写しはじめ,近世半ばに全46帖となし,各帖の表紙に〈多聞院日記〉と記したのによる。しかしこのうち〈文明十年日記〉〈文明十五年・文明十六年・文明十七年多聞院長実房英俊之記〉は学賢房宗芸の日記,〈永正二年乙丑・同三年丙寅日記〉は延尭房賢清の日記である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たもんいんにっき【多聞院日記】
奈良興福寺多聞院の日記。四六冊。1478年から1618年までの記事を収める。主要部は僧英俊の筆になり、戦国時代から江戸初期までの政治・社会・文化全般にわたる貴重な史料。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

多聞院日記
たもんいんにっき
奈良興福(こうふく)寺の学侶(がくりょ)多聞院英俊(えいしゅん)らの日記。原本は散逸したが、興福寺所蔵四十六巻本など多くの写本が現存する。1478年(文明10)から1618年(元和4)にわたるが、『文明(ぶんめい)十年記』『文明十五、十六、十七年記』は学賢房宗芸(がっけんぼうそうげい)、『天正(てんしょう)八、九、十年記』は妙喜院宗英(みょうきいんそうえい)の別会五師方記(べちえごしかたき)であり、『永正(えいしょう)二、三年記』など筆者不明の部分もある。主要部分は英俊の日記で、1534年(天文3)から96年(慶長1)にわたっている。内容は、興福寺内外の情勢を中心として、大和(やまと)、山城(やましろ)などの事件にまで及んでおり、中世から近世に至る転換期の重要史料である。刊本『多聞院日記』全5冊(辻善之助(つじぜんのすけ)編)がある。[小泉宜右]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たもんいんにっき タモンヰンニッキ【多聞院日記】
室町後期から江戸前期にかけて書かれた日記。四六巻。奈良興福寺の塔頭(たっちゅう)多聞院の院主の手によるもので主として僧英俊の記。文明一〇年(一四七八)から元和四年(一六一八)に至る。奈良・京都を中心とする政治・仏教・経済・文化・風俗の諸般にわたる文献史料として信頼性の高いもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

多聞院日記
たもんいんにっき
奈良の興福寺多聞院の日記
46巻。者は宗芸 (しゆげい) ・英俊・宗英 (そうえい) らで,特に英俊の手になる部分が多い。1478〜1618年に至る,戦国時代から江戸初期までの政治・社会経済・文化の全般にわたり豊富な史料を提供する重要な記録。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多聞院日記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多聞院日記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.