Rakuten infoseek

辞書

多治比県守【たじひのあがたもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多治比県守
たじひのあがたもり
[生]天智7(668)
[没]天平9(737).6.23.
奈良時代の公卿。左大臣嶋 (多治比嶋) の子。中納言,正三位にいたる。養老1 (717) 年遣唐押使として,玄 昉吉備真備らを伴い入唐。帰国後,同4年には持節征夷将軍に任じられ,蝦夷平定に従事した。天平初年の参議高卿の一人にあげられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

多治比県守 たじひの-あがたもり
668-737 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天智(てんじ)天皇7年生まれ。多治比島の子。養老元年遣唐使として唐(中国)にわたり,翌年帰国。持節征夷(じせつせいい)将軍,参議,中納言および山陰道節度使などを歴任し,正三位にすすむ。平城京で流行した疫病のため,天平(てんぴょう)9年6月23/25日死去。70歳。氏は丹比ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たじひのあがたもり【多治比県守】
668?‐737(天智7?‐天平9)
奈良時代の官僚。父は左大臣多治比嶋。705年(慶雲2)に従五位下となり,造宮卿を経て716年(霊亀2)遣唐押使に任ぜられ,翌717年(養老1)節刀を賜って出発し,718年に帰国した。719年藤原武智麻呂らとともに皇太子(後の聖武天皇)の側近となり,また按察使(あぜち)として東国経営にたずさわり,720年の蝦夷の反乱のとき,持節征夷将軍に任ぜられた。721年帰京し,中務卿。729年(天平1)大宰大弐の任にあるとき,長屋王の変によって,権(かり)に参議となり,さらに民部卿となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

多治比県守」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多治比県守の関連情報

関連キーワード

高句麗朝鮮演劇金庾信アッシュールバニパル天智天皇コンスタンス2世天智天皇法苑珠林ウィタリアヌス近江令

他サービスで検索

「多治比県守」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.