Rakuten infoseek

辞書

多治比嶋【たじひのしま】

世界大百科事典 第2版

たじひのしま【多治比嶋】
624?‐701(推古32?‐大宝1)
古代の中央官人。志麻,志摩にもつくる。宣化天皇の曾孫多治比(古)王の子。池守,県守,広成,広足の父。《日本書紀》天武11年(682)4月条に筑紫大宰として初見。持統・文武朝で重きをなし,690年(持統4)1月持統即位の際,賀騰極(ひつぎよろこぶること)を奏し,同年7月正広参に昇るとともに右大臣に就任。翌年1月には封300戸を賜り通計500戸となった。700年(文武4)1月,左大臣で高年により霊寿杖と輿儓を賜った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

多治比嶋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多治比嶋の関連情報

関連キーワード

永泰公主墓大宝大官大寺調老人事業所税イスペリフセルギウス1世ヨハネス6世懿徳太子墓

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.