Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

多島海【たとうかい】

世界大百科事典 第2版

たとうかい【多島海 archipelago】
多数の島々が点在する海。起伏のある山地地盤沈降または後氷期における世界的な海面上昇によって沈水し,その開析谷が溺れて生じた地形であり,海岸は溺れ谷をもつ湾入の多いリアス海岸となる。 archipelagoギリシアエーゲ海別名でもある。エーゲ海はギリシア語Aigaión Pélagosといい,ギリシア神話の英雄テセウスの父アイゲウスが,この海に身を投げたことにちなんでいるが,中世訛して〈もとの〉あるいは〈最初の〉を意味するarchiと〈海〉を意味するpélagosからarchipelagoとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

多島海
たとうかい
archipelago

(1)ヨーロッパ地中海の東部、ギリシア南部からトルコ西部にかけて広がるエーゲ海の旧称。

(2)エーゲ海のように島の多い海。起状の多い土地の沈降、または後氷期の海面上昇によって、高い所が海面上に残り、多島海となる。朝鮮半島の南西沖、とくに木浦(もくほ/モクポ)近海や、日本の瀬戸内海、宮城県の松島湾などは、沈降によってできた多島海である。

[半澤正男・高野健三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たとう‐かい タタウ‥【多島海】
[1] 多くの島が点在する海域。起伏の多い土地が沈降し、山頂部を海面に島として残したもの。エーゲ海、瀬戸内海、松島湾など。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉多島海の風光「此行飽までも明媚なる多島海の風光を楽まんと期したるに」
[2] エーゲ海の別称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たとう‐かい〔タタウ‐〕【多島海】
多数の島々が点在する海域。
エーゲ海異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多島海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多島海の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.