Rakuten infoseek

辞書

多品種少量生産【たひんしゅしょうりょうせいさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多品種少量生産
たひんしゅしょうりょうせいさん
工場における生産様式の一つで,同一の工場において類似性の低い製品を多品種にしかも1品目あたりは少量生産するもの。従来の少品種大量生産向けの生産システムに代って,近年の市場の変化,ニーズの多様化に柔軟に対応するために,多品種少量生産向けの生産システムの必要性が高まってきている。ロボットや NC工作機械などを活用して,さまざまな要求にソフトウエアの変更だけで対応できる FMS (フレキシブル生産システム) が構築され,自動車や家電,食品や衣服など多くの産業分野で適用されている。 (→注文生産 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多品種少量生産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多品種少量生産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.