Rakuten infoseek

辞書

外来語【がいらいご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外来語
がいらいご
loanword
外国語から借り入れられて自国語(→国語)の体系に同化し,社会的に使用が承認された単語。日本語のなかの「ラジオ」のように,本来は外国語であったと意識されるものも多いが,ポルトガル語から入った「合羽(かっぱ)」や「かるた」のように,一般には外来語と認識されないものもある。日本語における漢語は特にこの外来語意識が希薄なので,狭義には外来語から除外される。一般に,外来語は自国語の音韻体系(→音素)に収まるように変形される。たとえば,英語の strikeが「ストライキ」あるいは「ストライク」となるように,日本語に借用された外来語にはもともとなかった母音が入る。フランス語の garage[ɡarɑːʒ]は,英語に入って[ɡæridʒ]などと発音されるようになった。また「ビルディング」の「ディ」のように新しい表記法が考案され,従来その国語に存在しなかった音声が生ずることもある。文法的にも自国語の体系に合わせる工夫がなされることがあり,たとえば英語の形容詞 smartは日本に入って「スマートな」となった。また,元の意味との間に多少のずれが現れることが多い。外来語は文化の接触によって生じ,文化交流史の一つの資料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいらい‐ご〔グワイライ‐〕【外来語】
他の言語から借用し、自国語と同様に使用するようになった語。借用語。日本語では、広義には漢語も含まれるが、狭義には、主として欧米諸国から入ってきた語をいう。現在では一般に片仮名で表記される。→和語漢語
[補説]外来語と外国語との区別は主観的なもので、個人によって異なることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいらいご【外来語】
〈外〉の言語から,文化の一部として,自国語の体系内に入り込んだ単語。借用語ともいう。まだ自国語の体系内に入りきらない〈外国語〉と区別される。1984年現在の日本において,〈ラジオ〉は外来語であり,〈レイディオradio〉は外国語である。二つの言語社会が接触すると,一方が関心をもった他方のある分野から,単語が借用される。借用は必ずしも一方的ではなく,相互に行われることもある。明治維新まで続いた中国語から日本語への借用は明治維新後少なくなり,逆に中国語が日本語から借用することが多くなった(〈社会〉〈科学〉〈法律〉など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいらいご【外来語】
他の言語より借り入れられ、日本語と同様に日常的に使われるようになった語。「ガラス」「ノート」「パン」「アルコール」の類。広くは漢語も外来語であるが、普通は漢語以外の主として西欧語からはいってきた語をいう。片仮名で書かれることが多いので「カタカナ語」などともいう。伝来語。
借用語しやくようご」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外来語
がいらいご
日本語のなかに入ってきた外国語の単語。中国語から入った漢語も本来は外来語であるが、日本では主としてヨーロッパ語から入ったものをさしていう。[石綿敏雄]

外来語と訳語

外国語の単語を取り入れるとき、二つの方法がある。一つは、外国語の語形を日本語のなかに入れたものである。英語のinformationをインフォメーションの形で取り入れるもので、これが外来語である(カタカナで表記するものが多い)。もう一つは、外国語の意味を日本語に訳すもので、訳語とよばれる。informationの訳語は「情報」である。[石綿敏雄]

外来語を取り入れる動機

おもなものは次の2種である。(1)新しい事物や新しい考え方を取り入れるとき。ハイウェーhighway、キャッシュ・ディスペンサーcash dispenser(銀行の現金自動支払機)などの新しい事物や、プレートテクトニクスplate tectonics(海洋底拡大説)、リサイクリングrecycling(産業廃棄物の資源再利用)のような考え方を取り入れるとき、それに伴って用語を取り入れるものである。この類には、自然科学、社会科学、服飾、スポーツなどの専門分野の用語が多い。(2)物は古くからあるが、新しい感じをもたせようとするとき。若い人をヤングyoung、豪華なことをデラックスdeluxe、家づくりをハウジングhousingというなど。明治初年に「あいびき」といったものを、昭和初年にランデブーrendez-vousと表現し、戦後デートdateに変わった。新しい感じを求めて次から次へと更新されることがある。[石綿敏雄]

外来語の歴史

中世の末期にポルトガル語から入ったもの(キリシタンchristo、バテレンpadre、ラシャraxa、タバコtabacoなど)、江戸時代にオランダ語から入ったもの(ズックdoek、ガラスglas、ガスgas、アルコールalcoholなど)もあるが、外来語の大部分は明治以後に入っている。そのうち、ドイツ語は医学(ガーゼGaze、ノイローゼNeurose)、哲学(アウフヘーベンAufheben、ザインSein)などの分野、フランス語は服飾・美容(シュミーズchemise、ルージュrouge)、芸術(デッサンdessin、ジャンルgenre)、イタリア語は音楽(アルトalto、フィナーレfinale)などの分野に偏在する。外来語の大部分は英語からきたもので、英語系の外来語は現代の外来語の80%以上を占め、分野的にも偏りなく広く用いられている。[石綿敏雄]

外来語と原語のずれ

外来語が日本語化するとき、原語との間にずれが生ずることが多い。発音は日本語化され、外国語での発音上の区別が失われるものがある。right(右)とlight(照明)はともにライトになる。マスコミmass communication、インフレinflationなど、語形を省略したものもある。バックネット(英語でbackstop)、デコレーションケーキ(英語でfancy cake)、プレイガイド(英語でticket agency)など、外国語にないことばをつくることもある。意味がずれることもある。家具などのカバーは日本語でも英語でも共通だが、英語で本のcoverは表紙を意味するのに対し、日本語のカバーは表紙を覆うもの(英語ではjacket, wrapper)をいう。これらのずれは外国語学習や外国語使用時に妨げとなることがある。[石綿敏雄]
『楳垣実著『日本外来語の研究』(1963・研究社) ▽あらかわ・そおべえ著『角川外来語辞典』第2版(1977・角川書店) ▽吉沢典男・石綿敏雄著『外来語の語源』(1979・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がいらい‐ご グヮイライ‥【外来語】
〘名〙 ある国語に、外国語から取り入れられて、本来の国語の一部として用いられるようになった語。日本では、主として室町時代以降、漢字文化圏以外の国からはいってきた語をいう。ただし、近代、現代の中国語からのもの、例えば、「一(イー)」「高粱(コーリャン)」「餃子(ギョーザ)」などは含める場合もある。なお、「オールドミス」「ナイター」など、一般に和製英語と呼ばれるもの(この辞典では「洋語」と表示)もいう。梵語(サンスクリット)の古い音訳語、例えば「涅槃(ねはん)」「阿闍梨(あじゃり)」などは漢字で書かれることもあって、普通は除かれる。
※国語のため(1895)〈上田万年〉言語学者としての新井白石「采覧異言と西洋紀聞とは、外来語研究上の資料になるもので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外来語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外来語の関連情報

他サービスで検索

「外来語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.