Rakuten infoseek

辞書

外山正一【とやままさかず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外山正一
とやままさかず
[生]嘉永1(1848).9.27. 江戸
[没]1900.3.8. 東京
明治の教育家,社会学者。文学博士。は「ゝ山 (ちゅざん) 」。蕃書調所と箕作麟祥 (みつくりりんしょう) の塾で洋学を学び,開成所教授方となった。慶応2 (1866) ~明治1 (68) 年幕府留学生としてイギリスに留学。同3年外務省官吏として渡米。帰国して東京開成学校教授から東京大学教授となり 23年間在職。 1881年文学部長,97年総長。 98年文部大臣に就任したが在任2ヵ月で退任。教育面では正則予備校 (のちの正則中学) ,女子教育奨励会とその付属の東京女学校を設置し,特に晩年は教育制度の改革を唱えた。「図書館令」の制定 (99) に尽力するなど図書館の普及,発達に貢献した。みずからも図書館を愛用し,文部大臣を退任した日も,午後から東京帝国大学図書館で読書をしたという逸話もある。主著『民和辯惑』 (1880) ,『社会改良と耶蘇教との関係』 (86) ,『演劇改良論私考』 (86) ,『教育制度論』 (1900) ,『ゝ山存稿』 (09) 。矢田部良吉井上哲次郎との共著新体詩抄』 (1882) は,日本最初の近代詩,訳詩集。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とやま‐まさかず【外山正一】
[1848~1900]教育家・詩人。江戸の生まれ。号、ゝ山(ちゅざん)。英米に留学。東大総長・文部大臣などを歴任学制整備、育英事業に貢献。また、共著「新体詩抄」を刊行し、日本の近代詩先駆をなした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

外山正一 とやま-まさかず
1848-1900 明治時代の社会学者,教育者,詩人。
嘉永(かえい)元年9月27日生まれ。英米に留学後,開成学校教授をへて東京大学教授となり,明治30年東京帝大総長。翌年文相。この間,井上哲次郎らと「新体詩抄」を刊行。またスペンサー進化論の紹介,羅馬(ローマ)字会の創設など多方面に啓蒙活動を展開した。貴族院議員。明治33年3月8日死去。53歳。江戸出身。号はゝ山(ちゅざん)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とやままさかず【外山正一】
1848‐1900(嘉永1‐明治33)
社会学者,教育者。東京大学社会学講座の初代担任者として,日本における講壇社会学の創設に力を尽くした。江戸小石川に生まれる。幼名は捨八,号はゝ山(ちゆざん)。1866年(慶応2),幕命中村正直,林董(ただす)らとイギリスに渡り,さらにアメリカに留学(1870)して学位を得る。76年帰国して開成校教授となる。90年貴族院議員に勅選され,97年東京帝国大学総長となる。98年伊藤博文内閣の文相として文教政策に専念しようとしたが,その任期わずか2ヵ月であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とやままさかず【外山正一】
1848~1900 啓蒙思想家・社会学者・詩人。江戸、小石川生まれ。号、ゝ山ちゆざん。蕃書調所に学び英米に留学、帰国後東大で社会学を講じた。東大総長・文相を歴任。また、矢田部良吉・井上哲次郎と「新体詩抄」を刊行、詩の改良運動を試み、近代詩の起点となった。主著「民権弁惑」「漢字破」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外山正一
とやままさかず
(1848―1900)
明治期の学者、文化人。嘉永(かえい)元年9月27日静岡藩士の家に生まれる。幼名捨八、号ゝ山(ちゅざん)。1866年(慶応2)幕府留学生としてイギリスへ留学。帰国後、静岡学校教授兼洋学部長を経て1870年(明治3)外務省弁務少記として森有礼(ありのり)とともにアメリカ駐在、のち辞任しミシガン大学で哲学、理学を修め、1876年帰国。開成学校教授、東京大学、帝国大学、東京帝国大学教授を歴任し、1893年から日本初の社会学講座を担当。東京大学文科大学長、東京帝国大学総長を務め、1898年第三次伊藤博文(いとうひろぶみ)内閣文部大臣となる。進化論・スペンサー学説の紹介、ローマ字学会の創設、音楽・絵画・演劇の改良など、その活動は多岐にわたり、矢田部良吉、井上哲次郎(巽軒(そんけん))らと『新体詩抄』(1882)を刊行して、日本近代詩史上の先駆をなすなど、明治の文化・教育に少なからぬ影響を与えた。高等教育会議議員、貴族院議員、初の東京帝国大学名誉教授。著書に『ゝ山存稿』(1909)がある。明治33年3月8日没。[小股憲明]
『三上参次著『外山正一先生小伝』(1908・私家版/1987・大空社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とやま‐まさかず【外山正一】
教育者、詩人。名は「しょういち」とも。号、ゝ山(ちゅざん)。江戸生まれ。慶応年間(一八六五‐六八)イギリスに留学。明治五年(一八七二)ミシガン大学に留学。のち東京帝国大学総長、文部大臣など歴任。井上哲次郎、矢田部良吉らと「新体詩抄」を著わし、新体詩運動に尽力。著に「ゝ山存稿」がある。嘉永元~明治三三年(一八四八‐一九〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

外山正一
とやままさかず
1848〜1900
明治時代の教育家・啓蒙家・詩人
江戸小石川の生まれ。幕臣出身。蕃書調所に学び,イギリス・アメリカに留学後,東大教授・同総長・文相などを歴任。スペンサーの社会学を講じ,進化主義立場から,ローマ字採用論を唱える一方演劇改良運動後援。また井上哲次郎らと時代に先んじて『新体詩抄』を刊行した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外山正一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外山正一の関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.