Rakuten infoseek

辞書

外城【とじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外城
とじょう
江戸時代,薩摩藩行政区画。鹿児島,屋久島口永良部島 (くちのえらぶじま) ,七島,道之島を除く各郡に設けられたが,天明4 (1784) 年に「郷」と改称。一外城 (郷) には数村から数十村が含まれ,府下 (ふもと) と称する地域に地頭仮屋 (藩の役所) があり,外城衆中 (→郷士 ) が居住した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい‐じょう〔グワイジヤウ〕【外城】
城の本丸を囲んで設けられた城郭。⇔内城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そと‐じろ【外城】
本丸に対して、外郭(そとぐるわ)のこと。
根城に対して、出城のこと。端城(はじろ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐じょう〔‐ジヤウ〕【外城】
がいじょう(外城)」に同じ。
江戸時代、薩摩藩の行政区画。身分的には武士である外城衆中が日常は農業を営み、地方(じかた)役人として農民を支配した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とじょう【外城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そとじろ【外城】
本丸に対して、外郭そとぐるわの称。
根城に対して、端城はじろの称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とじょう【外城】
城の外縁に造られた砦とりで。そとぐるわ。がいじょう。
江戸時代、薩摩藩が行なった一種の農兵制度による郷村。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外城
とじょう
近世、鹿児島(薩摩(さつま))藩の地域行政制度。中世末、戦国島津(しまづ)氏の、領国内の各領主の本城が統治していた地域を基本とし、藩政期に行われた家臣団の所替えを通じて確定した地域行政単位。その名の起源は、守護島津家の本城を内城とし、周辺の支城を外城とよんだことによる。島津家の城下鹿児島や、在番(代官)が置かれ藩の直轄領だった屋久島(やくしま)、吐(とから)列島、また藩の本領ではなかった奄美(あまみ)諸島や、九州大名期の領域は外城にならなかった。成立当初は100か所程度だったが、その後改編され、1744年(延享1)創設の今和泉(いまいずみ)が113番目の外城となり、以降固定された。地域呼称は地名のあとに「外城」をつけて表された。1784年(天明4)、「郷(ごう)」と改称されたが、その後も外城は地域行政制度を示すものとして用いられた。各郷は数村から十数村で構成され、その中核となる村が麓(ふもと)(中世の地域本城周辺の家臣団居住地がその起源)であり、麓の村には郷士(ごうし)が住み、在方(ざいかた)の村にも百姓ばかりでなく若干の郷士が住んだ。各郷には野町、浦、浦町、門前などの町場(まちば)や漁村などがあった。麓は地頭仮屋(じとうかりや)(私領では領主館)を中心に道筋がつくられ、衆中(しゅうじゅう)である郷士の屋敷が整然とつくられた。その屋敷はおのおの、石垣、生け垣、門、目隠しを備え、防衛機能をもつ。こうした屋敷からなる麓も軍事機能を果たすよう設計されていた。屋敷のなかには造園に優れ、状態がよく、麓の性格をよく表すものとして伝統的建造物群保存地区に指定されたものがある。
 藩政初期には、中世に確立した地頭が郷士を動員するという地頭衆中制をもとにした外城の軍事機能が重視された。関や番所を管轄した藩境の外城は藩領防衛の主体となり、藩主の信頼が厚い藩士が配された。また外城には、藩任命の任期制地頭が長となる地頭領(92か所)と、一所持(いっしょもち)(有力家臣)の世襲する私領(21か所)があり、地頭仮屋(領主館)を中心に外城(郷)行政が執行された。時代とともに外城の行政機能が重視され、名称が郷に変わったのもこうした理由による。地域行政制度は(あつかい)(郷士年寄)、組頭、横目(よこめ)の「所三役(ところさんやく)」と書役(かきやく)、浦役、別当(べっとう)、牧司、櫨楮見廻(はぜこうぞみまわり)、普請見廻(ふしんみまわり)、郡見廻(こおりみまわり)、相談役、触役(ふれやく)、行司など多数の役があり、これらすべてを郷士が世襲した。外城制は、鹿児島藩の統治の柱となり、在方(百姓)の長である庄屋役と野町などの長も郷士が担当するなど、郷士が村に居住する制度であったため、百姓一揆(いっき)は少なかった。[三木 靖]
『鈴木公著『鹿児島県における麓、野町、浦町の地理学的研究』(1967・私家版) ▽原口虎雄「薩摩藩外城制度の成立と元和の一国一城令」(『法制史研究』36号所収・1986・法制史学会) ▽『鹿児島県史料 薩摩藩法令史料集一、四』(2004・鹿児島県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐じょう グヮイジャウ【外城】
〘名〙 防備を堅くするため、城の外部を囲んで、別に設けた城。そとぐるわ。⇔内城
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「外城の廓門を開き易す易すと斯波多の軍兵を導き入れて」 〔春秋公羊伝注‐僖公一四年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そと‐じろ【外城】
〘名〙 本丸に対して外郭(そとぐるわ)。また、根城(ねじろ)に対して端城(はじろ)を、本城に対して支城をいう語。
宗長手記(1522‐27)上「外城のめぐり六七百間堀をほり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐じょう ‥ジャウ【外城】
〘名〙
① 城の外部を囲んで、さらに別に設けた城。がいじょう。そとぐるわ。
狂歌・金言和歌集(1492‐1501頃)「てきのと城とも、ことごとくせめおとされ」
江戸時代、薩摩藩が実施した一種の農兵制度による郷村。藩の外衛にあたる郷士が住む。天明四年(一七八四)郷と改称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外城の関連情報

他サービスで検索

「外城」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.