Rakuten infoseek

辞書

外債【がいさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外債
がいさい
external bond
外国で資金を調達するために発行される債券をいい,国内で発行する内国債と区別する。また日本の外は外国通貨建てで発行されることが多いため外国債 (外貨債) foreign currency bondと呼ばれることがあり,自国通貨で発行される邦貨債と区別されることがある。外債を大別すると,(1) 外国国籍の発行主体が日本国内の市場で発行する円建債,(2) 外国国籍の発行主体が円以外の通貨で発行する外貨建外国債,(3) 日本国籍の発行主体が外国の市場で発行する外貨建内国債がある。債券の種類は,固定利付債,変動利付債,転換社債など多岐にわたっている。発行については,日本では 1979年の外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) の改正により原則自由となったが,発行主体によって固有の適債基準がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい‐さい〔グワイ‐〕【外債】
債券発行者の国外で募集される公債社債。日本の政府・企業などが外国で募集する債券と、外国の政府・企業などが日本で募集する債券に分けられる。外国債。⇔内債
[補説]発行者の違いから見た外債の種類
円建て債
サムライボンド(日本に居住していない者が円建てで発行)
ユーロ円債(国際金融市場で円建てで発行)
外貨建て債(日本で発行する場合はショーグンボンドとも)
・米ドル建て債、豪ドル建て債、ユーロ建て債など。
二重通貨建て債
・デュアルカレンシー債
リバースデュアルカレンシー債

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

外債

外国政府、外国法人、国際機関の発行する債券のこと。また、日本企業などが海外で発行する債券も外債と呼ばれる。
一般に発行者、発行市場、通貨のいずれかが海外である場合に外債と呼ばれる。

出典:(社)投資信託協会

FX用語集

外債
外貨建て債券(外国債券)を指します。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいさい【外債】
外国債券の略で,外国債ともいう。発行者が居住者であるか非居住者であるかを問わず,自国以外で外貨(自国通貨以外の通貨)建てで発行された債券のことである。これに対し,発行者の自国内で発行された債券のことを内債(内国債とも)といい,自国通貨建て(内貨建て)が原則であるが,まれに外貨建てのものも含めることがある。外国の発行者が日本(東京市場)で発行した円貨建債券も,〈円貨建外債〉と呼ばれるように,外債の範疇(はんちゆう)にはいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいさい【外債】
募集地域が外国市場である債券。普通、募集地の通貨でなされ、外貨債として発行される。 ⇔ 内債外貨債

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外債
がいさい
external bond
債券発行者の自国内で募集される内債に対して、債券発行者の自国外で募集される債券をいう。外債の発行は、(1)国際的長期金利格差、(2)貸付国・借入国の資金需給状態、(3)為替(かわせ)相場変動の長期的見通し、(4)借入国や借入企業の政治・経済的安定状態、(5)外債に対する税制、などによって左右される。外債の分類を、日本の事例で示すと、外国の政府・企業など(非居住者)が日本国内で円貨建てで発行するもの(円建て外債、またはサムライ債)と、外国の政府・企業などが日本の債券市場で、外貨建てで発行するもの(ショーグン債)とになる。払込み、利払い、償還のすべてが円貨建てで行われる円建て外債は、1970年(昭和45)に発行されたアジア開発銀行債が最初である。円建てなので為替リスクはない。その後、国際金融機関、外国の政府、地方公共団体、海外民間企業の発行を中心に急速な発行規模の拡大がみられつつある。その理由としては、(1)担保が不必要であること、(2)利回りが市場実勢で決まること、(3)償還期間の多様化、などがあげられる。
 円以外の通貨で元本を払い込み、外貨で償還金や利息を払うことを約束している外貨債は、第二次世界大戦後では1959年にアメリカで発行された国債が最初であり、民間債は1961年に同じくアメリカで発行されたのが初めてである。その後、1970年代後半から1980年代にかけてスイス・フラン債、ドイツ・マルク債を中心に発行規模が飛躍的に増大した。とくに民間債の比重が高くなってきており、その理由としては、(1)企業が内外市場を問わず低コスト資金を追求している、(2)無担保の起債が可能、(3)経済取引の国際化に伴い為替リスクのヘッジ(自分が投資のために外債を保有している相手国において外債を発行して、為替変動の危険を回避すること)が重要になってきた、などがあげられている。従来、企業の外債による資金調達には、普通社債、転換社債、新株引受権付社債(ワラント付社債)の3種類があったが、2002年(平成14)4月1日施行の改正商法により、転換社債および新株引受権付社債(非分離型)は、新株予約権付社債に一本化された。なお、新株予約権付社債のうち、新株予約権が行使された場合には、当該行使に係る払込みにかえて当該社債の金額が償還されるもの(2002年4月の商法改正前の転換社債に相当するもの)は、転換社債型新株予約権付社債とよばれている。
 歴史的には、19世紀の前半から外債の発行がみられ、その大部分は、当時イギリスが唯一の工業国であった関係上、ロンドン金融市場でなされた。19世紀後半からは各先進国の資本輸出が外債の引受けの形で行われ、第一次世界大戦後はニューヨークが外債発行市場として大きな地位を占めるようになった。第二次世界大戦後も引き続きニューヨークが外債発行の中心にあったが、1960年代後半から徐々にヨーロッパ資本市場が外債発行に大きな比重を占めつつある。とくに、1999年のヨーロッパ通貨統合により、新しい通貨計算単位として「ユーロ」が導入され、2002年より、ユーロを単位とする紙幣・硬貨が発行された。そのため、ユーロ市場の発展に対応して、ユーロ債の発行残高が急速に増加している。[原 司郎・北井 修]

資料 おもな外債

外債の通称には、その国を象徴する事物や代表的な動物、食べ物などが用いられることが多い。
アリラン債 韓国市場において起債される韓国ウォン建て債券。アリランが朝鮮半島を代表する民謡であることから、名づけられている。
カンガルー債 オーストラリアの非居住者である海外企業がオーストラリア市場に向けてオーストラリア・ドル建てで発行する債券。
キムチ債 韓国市場において発行される非韓国ウォン建て債券。
点心債 香港(ホンコン)市場において発行される人民元建て債券。
ドラゴン債 香港、台湾、シンガポールといった東アジアおよび東南アジア諸国の投資家を対象に、香港やシンガポールで発行される債券。アメリカ・ドル建てが多い。
パンダ債 中国市場において起債される人民元建て債券。
ブルドッグ債 イギリス市場において起債されるポンド建て債券。ブルドッグはイギリスで牛(ブル)と格闘させるため交配によってつくられた犬種であると同時に、第二次世界大戦中のイギリス首相であるチャーチルのあだ名がブルドッグだったことにちなむ。
メープル債 カナダ市場において起債されるカナダ・ドル建て債券。カナダを象徴し、国旗にも使用されているメープル・リーフ(カエデ)から名づけられている。
ヤンキー債 アメリカ市場において起債されるアメリカ・ドル建て債券。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外債」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外債の関連情報

他サービスで検索

「外債」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.